誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

一人暮らしするための部屋の探しかたとマンション費用は!

      2021/07/01

スポンサードリンク

idea29image1 高校も卒業しますと、一人暮らしがしたくなってきます。

大学に行くとしても、社会に出るとしてもいつまでも親元にいるわけにはいきません。

でも、子供の旅立ちとしても、やはり1人で暮らしてみたいものです。

自我の確立のためにも、1人で住むことが良いことです。

でも、今は時代も変わりマンションに住むにも連帯保証人が必要なそうです。

いぜんは、そんなにきびsきくはなかったのですがね。

一人暮らし部屋

一人暮らしで生活するには、だいたいがワンルームマンションが多いです。

お部屋も、2LDKぐらいが普通になってきます。

一人ですとワンルームのほうがいいかもしれませんね。

アパートもいいのですが、木造は田舎にいけばある用ですが都会では あまりありませんね。

しかも、今は銭湯のお値段が高くなっています。

昔のように曲がりもあるのでしょうが実際はエンゲル係数が高くなってしまうかもしれません。

あまり多くはありませんが、中にはロフトが付いている部屋が好まれます。

ロフトとは、天井の下に、1つ空間があるものです。

ものを置いたり、ときには、そこで寝ることもできます。

つまり、お部屋を広く使えるのですね。

それだけのスペースが用意してあるのです。

一人暮らしのお部屋を探すには、そのような部屋が、1番最適と思われます。

さらに、今では、ガスではなく電気で調理が出来るお部屋もあります。

ガスならば、火事になる可能性もないとは言えません。

スポンサードリンク

実際は、自動的にガスは止まりますのでまず火事になることはありません。

しかし、少し不安ならば、オール電化のお部屋もいいことにです。

電気ながら、すぐにお湯もわいてきます。

大体賃貸用マンションは人間が契約期間となります。

ですから、2年経つちますと、更新の時期になります。

学生でありますと、4年間ですから、2年経ったときに、更新を考えることになります。

一人暮らし費用

一人暮らしで、生活するにはその費用は自分が出すことになります。

親の快適さを狙えば、どうしても費用は高くなっています。

しかし、できることならば、生活を考えても部屋代は安い方がありがたいものです。

また、1人ということは将来2人になる可能性が高いということです。

そのためには、貯金も必要になってきます。

ですから、費用はできるだけ安い方がいいですね。

ワンルームマンションならば、かなりお安くご利用できます。

一人暮らし注意点

一人暮らしをしますと、注意点が出てきます。

以前が、アパートに住むのもそんなに難しくはありませんでした。

しかし、家主と、入居者とのトラブルがよく起きてくるために、 今では、入居する際に保証人が必要になっています。

20年ほど前ならば保証人が必要になるなんてことはなかったのです。

さらに、これは入居者の知識の低さとも言えますが、 入居する祭に火災保険に入っていること思ってるほとんどなかったものです。

ところが、今ではもしその部屋が火事になれば、損害賠償をしなければなりません。

そのために、火災保険に入ることが、当然になっています。

まとめ

このように、まず一人暮らしをするには、その場所が必要になってきます。

そのためには場所を上手に探すのもひとつの方法です。

駅近ですと、便利ですが当然部屋代は高くなっています。

スポンサードリンク

 - 不動産, 未分類