誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

海賊と呼ばれた男・出光興産・百田尚樹・出光佐三

      2021/05/27

スポンサードリンク

yjimage 以前、「海賊とよばれた男」という名題の本が店頭に並んでいましたね。

出光興産の創業者ということは知っていますが、内容まではしりませんでした。

また、仕事に追われて読みたくてみとても小説をよむ時間はありませんよね。

でも、そんな時日本ではアニメがあります。

この漫画が非常に役にたつのですね。

これをよむほうが時間の節約にもなりますし、イメージも抱きやすいのではないでしょうか。

海賊とよばれた男の漫画

海賊と呼ばれた男の漫画(アニメ)は須本壮一が作画しています。

その漫画を読んでみますと出光興産という会社がこんな会社だっっとは 初めてしりました。

もし、今就職で悩んでいるのでしたら出光興産はどうでしょうか。

石油業界は、すでに、昔のような光はありませんが。 もし、この創業者のような方が今も代表者ならば別の事業でも光を放つでしょう。

このような行動を取れる人には周りの人も心打たれるのですね。

思っていてもとてもなかなかできないものです。

出光興産の体制

出光興産には、今もそうであるか知りませんが、出勤簿がなかったそうですね。

この小説のモデルは出光興産ですが、全て事実かどうかわかりません。

しかし、あの戦後の大変な時期に一人も退出者を募らなかったということは 驚嘆に値します。

バブルがはじけたある時期多くのサラリーマンが退職を余儀なくされました。

銀行などは大変でしたね。 そのために、公務員の地位が上がったのですね。

「人間尊重」の元にかずかずの困難に向かった創業者は際立った能力を持った人と言えます。

これだけの信念を持った人には運も味方するのでしょう。

出光興産の偉業

出光興産の偉業といえばなんといっても米英の石油資本の支配から 逃れてことでしょう。

英国の護衛官からの拿捕から逃れるために、ジャワ海をとうり日本にイラン石油を英国の護衛官からの拿捕から逃れるために、ジャワ海をとうり日本にイラン石油を 運んだこともすごい功績です。

あの世界を支配するイギリスを相手に戦ったことは驚愕に値します。

あの世界大戦も石油奪取が原因です。

しかし、今自動車業界は電気自動車が未来を据えています。

その分、石油の依存度は弱くなっていますが、でも、世界から石油がなくなることはありません。

航空機だって石油で飛んでいます。

そういえば、航空機が電気で飛ぶ時代が来るのでしょうか。

昔、ヘリコプターがないころ、ヘリコプターを想像した人がいました。

まとめ

小説のような活字を見るのが苦手になってきましたら 漫画を読むことをお勧めします。

ナント日本のアニメは世界で読まれているのですね。

実際、アニメを読んで心を打たれることがあります。

映像であたまの中に入ってきますからわかりやすいのが特徴になります。

経験からしても、漫画のほうがこのようなストーリーは漫画の方が わかりやすいですね。

スポンサードリンク

 - 未分類, 生活