誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

チワワ等/子犬の時期のしつけの方法と注意点!

      2021/06/30

スポンサードリンク

11 ワンちゃんってかわいいですよね。

でも、一方で殺処分されているワンちゃんも多いことも忘れてはいけません。

なかには、上手にしつけができなくて飼うことを放棄するようなこともあるのです。

つまり、子犬の時の「しつけ方」でワンちゃんの一生が決まることもあるのです。

そこで、一般的な注意点を説明してみたいと思います。

子犬の時期にきておきたいしつけは6つほどあります。

それを、説明します。

しつけ

1家族が体を抱いたり、なでたりしても、怖がらない、起こらないように育てる

2排泄の方法

3アマガミのしつけ(キツクかまないこと)

4人間家族が自分のリーダーだと教える

5安心な場所を教える

6人間社会を体験させる 大体このようになると思うわれます。

この中には、自然とできるものもあります。

しかし、ワンちゃんが子供の時に、これらのことを知りますと、 非常に後々楽になります。

なぜならば、ワンチャンは犬ですから、 おおかみのように、リーダーが必要なのです。

簡単に言えば、ひとがリーダーになればいいのですね。

子犬のなで方、抱き方

子犬が家族の一員になったら.子犬は優しくなでたり、だいたりしましょう。

この行為が、人間に服従すること自然なカタチで教えることになります。

また、子犬の時期から人間になでられたり抱かれたりすることになれていると、 突然他人がなでてもびっくりせず、 牙を当てたりしないようになることが多いのです。

そうすれば、とても安全なワンチャンに育つでしょう。

これらのことを知らにと悪いワンちゃんになってしまいます。

しかし、性格によっては、人間に抱かれたりするのが嫌いな子犬もいます。

ですから、初めは慎重に.子犬を驚かせないようにおこないましょう。

特に子供が無造作に子犬を抱き上げ、ちょっとしたことで床に落としてしまったりするようなことを 子犬の時期に体験しますと、怖がって抵抗するようになります。

健康チェックも兼ねてなでましょう。

「いい子ね。」と言葉をかけながら全身を優しく撫でましょう。

もしどこかを撫でてイヤガルようなら、怪我や何かの病気があるかもしれません。

また、子犬の耳や耳の中や、しっぽ、足の裏、お腹、肛門、口のなか、 爪や爪の付け根など、細かな部位を優しく触って、異常がないかチェックしましょう。

いろんなバリエーションで抱きます。

抱き方

子犬の目線が人間より上の位置に行くように抱いてしまうと、 どうしても自分のほうが偉いと勘違いをしてしまいます。

上目目線で見上げるようにします。

ですから、子犬の目線は常に人間より下になるようになります。

はじめは「いい子ね」と言葉をかけて褒めながら、優しく抱きます。

だいているときには、ずっとほめてあげましょう。

やはり、人も同じでほめることがキーポイントとなります。

それに慣れたら、抱きながら少しは揺らしてみたり、少々怖い状況をつくります。

この状況に、子犬がこわがるようならば、 そのその状況はその子犬にとって怖すぎるということです。

子犬が抱かれているのが嬉しいと感じているうちに、たくさんほめて床に下ろしてやりますましょう。

子犬からの要求は無視しましょう。

子犬を抱いたりするときは大切なルールがあります。

それは子犬が「抱いて」「ナデテ」と要求しても、 言いなりにならないことです。

犬と遊ぶ時と同じで主導権はあくまでも人間が握りましょう。

スポンサードリンク

また、犬を撫でたり抱いたりは、犬の生涯を通して行ないましょう。

犬好きな方ならば、特別言われなくても理解できると思いますが、 ハグは、人間と犬の絆を食べるか深めるスグレタ方法なのです。

ちなみに、管理人は猫を抱いてもうチョットで目をかかれるところでした。

その猫は、抱かれることになれていなかったのですね。

ワンちゃんも同じではないでしょうか。?

排泄の方法

生後2乃至3か月の子犬ならば人の場合ならば、いくつになるのでしょう。

大体2乃至3歳ということになります。

この時期、新米のお母さんは育児ノイローゼ」になるお母さんもいるそうですね。

同じように子犬のおもらしでいイライラが募る方もおれるようです。

でも、ご安心ください。 人の赤ちゃんよりも」犬の赤ちゃんのほうが簡単です。

でも、子犬に排泄のしつけをしていく前にその準備ともいえる最も大切なことをお話しします 

ケージに入れる

それは、子犬から目をはなす時間、夜寝るときはや日中出かけるとき、こいぬをケージの中に入れておくことです。

なぜならば、これは子犬が粗相をしたり、いたずらしたりして危険にさらされないようするためです。

特に、排泄の粗相でしかると、こいぬは混乱し続け大変不幸な状態になります。

中には、理解できずに、飼い主のことを大変怖い信頼できない存在だとpもウようになるのです。

そして家族の絆がつくれなくなる子犬もいるのす。

わかりやすくすれば、人の赤ちゃんでも家族の目が届かない場合はベビーベッドの中に入れておきますよね。

それと同じです。

子犬をケージにいれても、寝床であるケージなのかで粗相をしてしまう場合があります。

実は、犬は本来自分の寝床では排泄しない習性があります。

そのらのにそそうをしてします。

それは子犬の寝床となっているケージの大きさにあります。

ケージが大きすぎると寝床という感じが持てなくてそそうをしてしまう場合があるのです。

ですから、ケージが大きすぎる場合ですと。

ダンボールなどで仕切って、 寝てちょうど良い大きさのスペースを狭めてやりましょう。

これは、犬の習性を活用して寝床であるケージの中でおおもらしを解決するだけでなく 排泄に対する自制心を自然な形で身につけるためにもたいせつなのです。

時間を決める

食事と水は時間を決めて与えましょう。

そうすることによって、排泄の時間も大体同じになります。

トイレに連れていく。 子犬がオシッコ。ウンチのしたくなるときにトレに連れていきましょう。

また、一般的に、子犬が興奮やストレスや生理的理由でおしっこをしやすいときは 「この場所」と決めたトイレに連れていきましょう。

例えば

1 朝起きたとき

2寝ていて目をさましたとき

3ねる前

4遊んだあとの興奮時

5初めてのことを体験したときそのすぐあと などが当てはまります。

お知らせ行動を見つける。

犬は排泄したくなる時は、独特の動作をします。

その動作は、犬によって違いますが観察してみましょう。

毒時の動作を見つけるのは自由させることです。

1そわそわする。

2地面を嗅ぎ始める。

3くるくる周り始める。

4ウンチの体勢を取り始める。

これのしぐさを始めたら、トイレの場所に連れていき、無事排泄したら ほめてあげましょう。

トイレの場所には、おしっこのニオイの付いたものを置いておきましょう。

まとめ

このように、ワンちゃんもほめてもらえればうれしいですし いうことも良く聞いてくれます。

ということは抱いたりしてしてスキンシップをはかっていきましょう。

結果的に、しつけの原点はこのようなことなのですね。

以上のほかにも気が付いたことがあれば逐次加えていきます。

<<関連サイト>>

スポンサードリンク

 - ペットフード, 未分類