誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

「全国学力・学習状況調査」の行くえ!

   

スポンサードリンク

このコロナ禍、「全国学力・学習状況調査」が、出題された。

ウィキペディア

全国学力調査は「全国中学校一斉学力調査」として1960年代にも行われた(このときは「学テ」

と呼ばれていた)。

しかし、学校や地域間の競争が過熱したこと、また教職員組合などによる反対運動が激化したこと

もあり、1964年をもって全員調査を中止した。

学力調査そのものは翌1965年から抽出調査に切り替えて行われていたが、1966年旭川学テ事件

スポンサードリンク

裁判の第一審で、国による学力調査は違法と認定されたため、この年をもって全面中止した。

その後、1976年の最終審で学力調査が合法とされて以降、1982年からは小中学生の一部を対象

に、2002年からは高校生の一部を対象に学力調査が再開されていた。

内容

この「全国学力・学習状況調査」は、小学校と中学校で開催されるものである。

小学6年では新しい学習指導要領に基づいて統計データの分類や整理といった新領域が含まれていた。

 

中学3年では資料の読み解きや身近な題材についての考察を重視した。

文部科学省から発表されたのである。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響を調べるため、児童生徒には一斉休校中の学習状況についても尋ねた。

小6の算数では、昨年度に全面実施された新指導要領を踏まえ、データ読解の能力を測った。

図書室での学年別貸出冊数のグラフを提示し、あまり本を借りない理由を尋ねるアンケート結果も組み合わせて分析を深める内容となった。

これらの内容は、やはり、スマホの分布から調査しなければならないことが原因になると思われる。

今では、kindol版も現れ、本を購入しなくても知ることができるため、本を借りない理由を尋ねるアンケート結果も対象になるのではないか。?

まとめ

文明機器が、発達することで、時間をかけなくても知ることができるようになったのはいいことなのであるが、調査にると、

学力が落ちているという調査結果もあったようである。

スポンサードリンク

 - 未分類