誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

お歳暮とお中元。もらってうれしくないお歳暮はありますがお返しは?

      2015/10/23

スポンサードリンク
お歳暮とお中元ですがその違いがわかっているようでわかっていないことがあります。 そのお歳暮とお中元の違いをはっきりとしてみませんか。?

お歳暮とお中元

お歳暮とお中元の違いはどのようにあるのでしょうか。 簡単なところから見てみましょう。 違い 1まず時期が違います。 お中元の夏に送ります。お歳暮は年の暮れに送ります。 ここで違いができています。 お歳暮は年の暮れに送りますので1年の感謝の気持ちを込めて贈ります。 お中元は夏に送りますので体のケアとかに気をつけてくださいと言う意味もあります。 お中元もお歳暮も送る人は良いのですが。どちらか1つにしたいと言う方もおられるでしょう。 その時にはお歳暮を送れば良いことになります。 意味のちがい! お中元は夏の暑さで体を壊さないようにと言う体のケアの意味があります。 それに対してお歳暮は今年もお世話になりました来年もよろしくお願いしますと言う意味があります。

もらってうれしくないお歳暮

もらってうれしくないお歳暮 あります。 そんな時はどういうことなのでしょうか。? 分析してみましょう。 簡単ですね。送られる方の生活状態を考えてみればわかります。 例えば、独身者に送るときには、肉類とか野菜とかは送らないほうがよいことになります。 せっかく、送っても、使わない場合があり得るのです。 高齢者に起こる時にも贈り物を考えなければなりません。 歯が悪い可能性もありますので硬いものは送らないほうがよいことになります。 食べるにあたって噛みやすい食べ物を送ることが良いことになります。

お歳暮のお返し

お歳暮のお返しはしなければならないのでしょうか。 基本的にはお返しはすべきです。 私も前にはお返しをしてもらった事はありません。 お返しをしてくれる人は大体決まっています。 さらに、 お中元やお歳暮はしなければならないのでしょうか。 必ずしもする必要はありません。 何かお世話になったときとかのときだけ贈り物をする時だけしても構わないものなのです。

まとめ

お歳暮やお中元をしなければならないものと思っている人もたくさんいます。 しかし、自分の生活状態を考えたときにそれが負担になることもあります。 そういう場合には必ずしもお歳暮やお中元をする必要はありません。
スポンサードリンク

 - 未分類