誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

〔悲報〕天安門事件から30年以上!これはアウト!

      2021/07/05

スポンサードリンク

なんとあの天安門事件から、もう30年以上も過ぎました。

紅衛兵とかの事件で、あんな怖い国はない。

とおもっていましたが、いつの間にか、世界第2位の国になってしまいました。

でも、新疆ウイグル自治区は、漢民族ではないし、問題は山積みです。

中国の動き

中国で民主化運動が武力弾圧された天安門事件から32年となった4日、新型コロナウイルスを名目に香港での追悼集会を禁じた警察当局は、異例の厳戒体制で封じ込めを行った。

当局は例年会場となる香港島のビクトリア公園を封鎖し、報道によると各地で計7000人の警官を配備。公園での集会は初めて完全な中止に追い込まれたものの、周辺には多くの市民が追悼のため集まった。

香港警察は4日午前、インターネット上で無許可集会を宣伝した疑いで、民主派団体「香港市民愛国民主運動支援連合会」(支連会)副主席の鄒幸※(杉の木ヘンを丹に)氏を逮捕。

スポンサードリンク

断固たる取り締まり姿勢を示し、ビクトリア公園の封鎖区域への侵入を「犯罪と見なす」と警告した。

 4日夜、公園周辺の繁華街に黒い服を着て集まった市民は、追悼の意を示すためスマートフォンのライトをともし、ゆっくりと行進した。

友人と来たという20代の会社員女性は「警察の取り締まりは怖いけど、正しい行動を取ることを諦めたくない」と話した。

別の男性(41)は「政府は市民の声を恐れている

。集会の禁止は自由への抑圧だ」と怒りを表した。


 中国本土では許されない天安門事件犠牲者への追悼集会は、長く香港の一国二制度と言論の自由を象徴してきた。

支連会は事件翌年の1990年から毎年6月4日に集会を開き続け、当局が昨年初めて開催を禁じた際にも1万人超の市民が集まった。


 香港国家安全維持法(国安法)施行後、初めて6月4日を迎えた今年も不許可となり、支連会は集会実施を断念。

ただ、民主派支持者の間で「各自のやり方での追悼」を自宅などで行うよう呼び掛けられ、前日の3日夜に公園でろうそくをささげる市民もいた。

 

まとめ

なんとなく、日本の戦前と似ている感じが、しませんか。?

「香港国家安全維持法」なんて、正に日本の「治安維持法」と同じような

感じではないですか。

中国国民も苦労しますね。

台湾を見ていると、結局 中国国民党が内戦で勝利した方がよかった。

のでは、ないか。と思います。

スポンサードリンク

 - 国際, 未分類