誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

〔衝撃〕 んんん女性自殺者増加!対策は?

      2021/07/02

スポンサードリンク
 
コロナ不景気に伴って女性自殺者が増えているそうです。
 
コロナの成果もしれませんが、経済が成り立たなくなって生活が苦しくなるのは、
わかりますね。
 
でも、生きていればいこともあります。
 
簡単に言いますが、自殺をすると言うことは大変なことと思われます。
 
大幅増加は2020年7月から
女性の自殺者数が11年ぶりに増加に転じた

 経済的な窮地に立たされたことで、残念なことに自殺者が増加している。

警察庁と厚生労働省の資料によると、20年の自殺者数は2万919人と09年以来、11年ぶりに増加に転じた。

スポンサードリンク

男性自殺者数は減少を続けたが、女性自殺者数は6976人と前年比885人増加した。(表2)

 20年の月別自殺者数を前年同月比で見ると、6月までは前年以下の数値で推移したものの、その後上昇に転じ、男性は10月に21.7%増に、女性は7月17.6%増、8月44.2%増、9月29.3%増、10月82.8%増、11月18.7%増と大幅に増加している。(表3)

男性の自殺者数も増加傾向に

 雇用不安、経済的困窮と自殺者数には強い関連があるというのが定説となっている。確かに、98年に自殺者数が前年の2万4391人から一挙に3万人を超え、3万2863人と年間で8472人(34.7%)も増加した時には、自殺者の多くが中高年男性だった。

自殺の理由が「経済・生活問題」であることから、自殺と雇用不安、経済的困窮には強い関連があると推測される。

 だが、03年以降、自殺者数は減少を続け、08年のリーマン・ショック以降の完全失業者数の増加局面でも、自殺者は減少した。

自殺者が減少を続けた19年までの16年間、自殺の原因は1位が「健康問題」、2位が「経済・生活問題」、3位が「家庭問題」となり、この順位に変動はない。

まとめ

治らない病気の時絶望して命を絶つというのはわかりますが、

それ以外はなんとかなりそうと思うのが普通ではないでしょうか。

でも、それを考えることなく逝ってしまうこともあるのかもしれません。

スポンサードリンク

 - 未分類, 生活