誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

正月ぶとりしても戻らない時は対策が必要です。糖質制限が効果的でしょう。

      2015/10/24

スポンサードリンク
お正月になりますと運動をしないで食べてばかりで思いもしないうちに体重が増えていることってありませんか。 多くの方が、経験していることと思います。 それでは、正月ぶとりしてしまった体はどうしたら元に戻るのでしょうか。 それを調べてみました。

正月ぶとり

お正月に限らず、食べてばかりいますと太ってしまいます。 しかし、お正月はいつもよりも動くことがなく食べることが多いと言う事はありませんか。 おいしいものを食べたいと思いますよね。 だからといって食べるものを制限することも辛いものです。 それならば、お正月は食べるだけ食べて、後のことを考えてみてはどうでしょうか。 つまり、いかに短時間で、ダイエットするかということです。 ダイエットと言うのは要するに、食べなければ太らないのです。 食べるから太ってしまうのです。 新陳代謝が高ければ、食べても太りません。 しかし、新陳代謝が少なければ少し食べるだけで太ってしまうのです。 年齢を経ますと太りやすくなるのはそこに理由があるのです。 上手にダイエットをしてみたいですよね。

正月ぶとり戻らない。

お正月に太ってしまって元の状態に戻らないってことあるかもしれませんよね。 そんな時はどのようにすればよいのでしょうか。 ダイエット食品を摂取すべきでしょうか。 サプリメントで痩せていくべきでしょうか。 運動をすべきでしょうか。 炭水化物を制限すべきでしょうか。 その中で、実際にやってみると分かりますが、結構しんどいんですよね。 食べないことがこんなにしんどいこととは思わなかったと言う経験をすることになると思います。 炭水化物を制限しますとお腹がすくのです。 それに我慢できない時もあります。 サプリメントはコストが高くつきます。 」 運動するのは長く続きません。 お正月に太ってしまって戻らない時は上記のうちのどの方法をとるべきでしょうか。 1番良い方法は、炭水化物を制限することです。 でも、長く続かないことがあるんですよね。 やっぱりサプリメントですかね。

正月ぶとり対策/簡単糖質制限

正月に太ってしまいダイエットに自信がないならば、お正月に太らない方法も大切です。 その方法がわりと簡単なんですよね。 つまり、できるだけ炭水化物を取らないことです。 ご飯とかお寿司をあまりとらないことです。 うどんも良くないですね。 それだけでかなり正月ぶとりを回避することができます。 もし太ってしまったならば、後は、できるだけ食べないことです。 食べなければ痩せていきます。 私の簡単な糖質制限料理をご紹介します。 まず、お鍋に水を入れます。 次に、コチジャンを入れます。 鶏肉を入れます。 (冷凍鶏肉ですが・・・) 味つけに牛肉を少し入れます。 あとは野菜を入れます。 これだけでかなりお腹はいっぱいになっています。 立派な糖質制限食になります。 これを食べていれば痩せます。 ちなみにお野菜はキャベツです。 コチジャンは甘辛ですから辛くありません。 韓国の地元の方が行く食堂で食べたことから作るようになりました。 スープは飲んでもいいのでしょうか。 お味噌汁は飲みますがその点はわかりません。

まとめ

ダイエットは、お正月に限らず常に考えなければならない時もあります。 効率よくダイエットが出来ればどんなにありがたいかわかりません。 しかし、それはなかなか難しいことですよね。 それならば、太る確率の少ないものを食べましょう。 それが1番のダイエット方法です。
スポンサードリンク

 - 未分類