誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

日常生活と日常生活自立支援事業とお役立ち情報

   

スポンサードリンク

日常生活に役立つ内容を入れていきます。

昔、わんちゃんは家の外で飼うものと思っていました。

でも、今は室内犬となっています。

世の中変わりました。

日常生活

かわいいワンちゃんですね。 家族です。

いつの間にか世の中が変わっていました。

子供の頃は、ワンちゃんは外につないでおくものと思っていました。

ところが、いつの間にかおうちの中で飼っています。

なかには、ブルドッグをお家に中で飼っている人もいました。

さすがに、この時はびっくりしました。

なんといっても、戸を開けたらブルドッグが出てきたのですからね。

ブルドッグは残念ながら、闘犬です。

見た目は良くないですよ。

そんなのが家の中にいたら、しかも畳の上にいたら 誰でもびっくりすると思います。

シベリアンハスキーという犬種がいます。

その犬をいえの中で飼っていた人もいました。

十分、手入れされているのしょうね。 本当にきれいでした。 でも、体大きすぎました。

あれぐらいの体でしたら、ほんとは屋外でかうものと思います。

運動不足になってしまいます。

子供頃聞いた童謡の世界はなくなっています。

雪の中で喜ぶワンちゃんは想定できません。

私も生き物を飼っていましたが、世話が大変でやめてしまいました。 悩むのが、電車に載せる時です。

そのころ、鳥インフルエンザ真っ盛りの時でしたから、 何を言われるかと思いました。

それで、とうとうやめました。 飼ってみたいとは思いますが、どこにも いけなくなります。

実は、私の場合は鳥が好きでしたのでたかをかっていました。

鳥の場合は空を飛んで帰ってきます。 そのために、飼っていても醍醐味があります。

ただ単に、犬や猫を飼っているよりも楽しみの大きさが違うのです。

なんといっても、空を飛んで帰ってくるのです。

時々、思わないところに行くのではないかと心配になることがあります。

それがまた、大変楽しいのです。

そんなところに面白みが大変にあったのです。

でも、その鷹も逃げてしまいました。

たいてい戻ってくるのですが、今回は戻ってきませんでした。

ペットを飼うということは、大変楽しいことです。

でもペットによっては気をつけなければならないこともあります。

ペットを飼うということはそういうことなのです。

日常生活自立支援事業

あのようにペットと一緒に生活で着る方はいいですが 世の中には自分の生活すらもできない人もいます。

どんな事業があるのでしょう。

対象者 本事業の対象者は、次のいずれにも該当する方です。

判断能力が不十分な方(認知症高齢者、知的障害者、精神障害者等であって、日常生活を営むのに必要なサービスを利用するための情報の入手、理解、判断、意思表示を本人のみでは適切に行うことが困難な方) 本事業の契約の内容について判断し得る能力を有していると認められる方 援助の内容 本事業に基づく援助の内容は、次に掲げるものを基準とします。

福祉サービスの利用援助 苦情解決制度の利用援助 住宅改造、居住家屋の貸借、日常生活上の消費契約及び住民票の届出等の行政手続に関する援助等 上記に伴う援助の内容は、次に掲げるものを基準とします。

預金の払い戻し、預金の解約、預金の預け入れの手続等利用者の日常生活費の管理(日常的金銭管理) 定期的な訪問による生活変化の察知 このようになっています。

通常の生活ができる方は対象となりません。

まとめ

結果的に、普通の生活ができることが日常生活になります。

毎日を暮らしよく効率的に生活しましょう。

それには、お役立ち情報を拾ってくることです。

スポンサードリンク

 - 生活