誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

熱中症対策?症状に注意喚起して食べ物に気を付けましょう。

   

スポンサードリンク

熱中症とは、気温の高い環境にいることで体温を調節する機能が狂ったり、 体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることで起こる、めまいや頭痛、けいれん、意識障害などの症状をまとめて「熱中症」というそうです。 そして、熱中症に気をつけなければなければならない時期があります。 梅雨の晴れ間や梅雨が明けてすぐ、しばらく涼しい日が続いた後急激に暑くなった日などです。 体が、気温の変化についていけない時に起きる症状と思われます。

熱中症症状

熱中症を引き起こす要因には、「環境」によるものと「からだ」によるものがあります。

それをまとめてみます。

環境の要因 気温や湿度が高い 風が弱い 日差しが強い、など からだの状態 激しい運動などにより体内でたくさん熱が産生された 暑さにからだが慣れていない 疲れや寝不足、病気などで体調がよくない 。

このようなときに、熱中症が起きるそうです。

さらに、注意が必要な場所もあります。

運動場、公園、海やプールなど、強い日差しが当たる屋外や、駐車場に止めた車の中、体育館、気密性の高いビルやマンションの最上階など。浴室やトイレ、寝室など、家庭内の風通しの悪い室内でも起こりやすくなります。

一番気をつけなければならないところが、駐車場に止めた車の中です。

よく親が、子供を駐車場に止めた車の中に子供を放置していた時に 起きることがあります。

そもそも、熱中症はどのようなことでおきるのでしょうか。 調べてみました。

運動や作業をすると私たちのからだの中で熱が生まれます。

ただし、人間のからだには体温調節機能が備わっているため、体温が上がり過ぎたときには、自律神経の働きによって末梢の血管が拡張し、皮膚に多くの血液が流れ込むことで熱をからだの外に放出します。

同時に、体温が上がったら汗をかき、その汗が蒸発するときにからだの表面から熱を奪うことで、上がった体温を下げようと働きます。

ところが、あまりに暑い環境に長くいると、体温調節機能が乱れて体外への熱の放出ができなくなり、体内に熱がこもって体温が上昇します。

また、急激に大量の汗をかくと、体内の水分と塩分が失われ、体液のバランスが崩れてしまいます。

それが筋肉や血流、神経などからだのさまざまな部分に影響をおよぼすと、けいれんやめまい、失神、頭痛、吐き気といった熱中症の症状があらわれるのです。

このように載っていました。 ということは、 熱いところに長くいると、熱中症になる可能性が大きくなるということです。

中には、死亡される方もおられますので、最も気をつけなければなりません。

特に気を付けなければならないと思います。

スポンサードリンク

注意喚起

熱中症になる前に、気をつけなければならないことがあります。

暑いところに長くいないことです。

そして、症状があらわれたら、すぐに医師の診察を受けることです。

めまい・失神 「立ちくらみ」という状態で、脳への血流が瞬間的に不充分になったことを示し、“熱失神”と呼ぶこともあります。

筋肉痛・筋肉の硬直 筋肉の「こむら返り」のことで、その部分の痛みを伴います。

発汗に伴う塩分(ナトリウムなど)の欠乏により生じます。これを“熱けいれん”と呼ぶこともあります。

大量の発汗 これらが、、熱中症の初期症状です。

なんといっても、熱中症にも軽いものと重いものがあります。

重いときには、死亡することもありますので、 十分に気をつけなければなりません。

少なくとも、体に疲労を残さないことが大切になってきます。

熱中症食べ物

食べ物にも気を付けることが必要です。

気になる症状に/肉体疲労に エネルギーに変わりやすい糖質や代謝を促進するビタミンB群、ビタミンCをしっかり摂ります。

酸味のきいた料理も効果的です。 豚肉も、良いですね。 この 時期は糖質制限はよくないかもしれません。

熱中症に良い食べ物は 牛乳 カルシウム 梅干し 食塩・クエン酸ナトリウム・塩化カリウムを含みます。

ミネラル入り麦茶 ミネラル スイカ 糖分やミネラルが含まれています。(カリウム・カルシウム・マグネシウム) 味噌汁 塩分が適度にn入っています。

まとめ

熱中症を疑う症状がみられたら、体を冷やすことが大切です。 冷やす場所は、 なんと足首がよいのです。

からだを冷やす場合は、動脈が通っている部分を冷やすのが効果的です。

足首の他に、首筋やわきの下、足の付け根などがあります。

衣類の襟元をゆるめたり、脱いだりして、うちわや扇風機で風をあてて対処しましょう。

熱中症の症状が疑われるときは、 すぐに涼しい場所に移し、安静にすることが大切です。

そして体を冷やし、塩分を取ることです。

最も大切なことがあります。

熱中症にならないように自分の体をつくっていることです。

それには、プランから適度な運動をすることです。

なぜならば、 熱中症は、からだが暑さに慣れていないことで起こりやすくなります。

ふだんから適度に汗をかく習慣がある人は、からだが暑さに慣れており熱中症にかかりにくくなります。

水分は、飲みたいと思わなくても運動の前後にとるようにしましょう。

軽い脱水状態ではのどの渇きを感じにくいこともあります。

このように、自分の体を汗をかきやすい体にしておくことが必要となってきます。

スポンサードリンク

 - 健康, 生活