誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

年賀状余ったら交換することもできます、使い方を研究したらお金にも変わります。

      2015/12/03

スポンサードリンク
年賀状たくさん購入してしまいとうとう残ってしまった。 なんてことありませんか。 そんなときどのようにされていますか。 簡単な方法をお伝えします。

年賀状余ったら

郵便局で働いていますと言う郵便局にとってドル箱は年賀状なのです。 ですから、郵便局は年賀状を販売することに必死になります。 郵便局員は、ノルマも課せられます。 ということは購入する側としてもたくさん購入してしまう場合もあります。 でも年賀状は日本の文化にもなります。 ですから、やっぱり年賀状が出した方が良いのですよね。 そんな時、購入者すぎて余ってしまうことがあります。 そんな余った年賀状でもいろんな使い方があります。 そんな使い方を簡単にご紹介します。

年賀状交換

実は、余った年賀状は郵便局に行きますと手数料が5円かかりますが切手や葉書に変えてくれます。 最近は、お手紙を出すことも少なくなりましたが切手に変えてくれますので切手に変えることをおすすめします。 そこでお考えの間違いのないことをお伝えします。 年賀状は、未使用であれば良いのです。 ですから、書き損じの年賀状も交換してくれるのです。 お家の中に長い間使わない年賀状が残っているならば、お近くの郵便局に行って交換してもらいましょう。 切手ならば、お仕事にも使うことができます。 大きな節約になります。

年賀状お金に変える

年賀状をお金に変える方法はまだまだあります。 これからお伝えすることはどなたでもわかることです。 余った年賀状を使って懸賞に出してみることもいいことです。 結構当たることもあるのです。 懸賞に出すことによって商品に変えてその商品を販売することだってできるのです。 簡単なところでは、アマゾンに出品することもできます。 そんな良い商品が当たることだってあるのです。 当たって嬉しい商品は、家電商品が良いですね。 これからの大きな生活の節約にもなります。 早く購入してしまった年賀状があった場合金券ショップで交換することもできます。 ただし、評価が下がるのはしょうがありません。 それでもまだお家に眠らせておくよりは良いと考えられます。

まとめ

年賀状があった1年に1回出すものです。 ですから、日頃お付き合いをしていない方の昔の仲間などに近況をお知らせすることもいいことです。 たとえ返事が来なくても、年賀状は出しておくべきです。 相手には相手の都合があります。 相手がもしご病気になっていれば、年賀状が返ってくる事はありません。 しかし、もしご不幸があった場合には、年賀状さえ出していれば後で連絡がきます。 年賀状には、こんな良いところががあるのです。
スポンサードリンク

 - 未分類