誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

父の日のプレゼント

   

スポンサードリンク

父の日はなぜできたのか。

考えたことありますか。?

父に感謝するためにその日をきめるものと思われます。

世界各国に父の日があります。

できた理由を調べてみますといろいろとわかってきました。

やはり、できた理由を知ることは大変意義のあることです。

世界各国の父の日ができた理由。

アメリカではある女性が男の手一つで自分を育ててくれた父に対し 父の誕生月である月に教会で、礼拝をしてもらったことがきっかけとなってきます。

つまり、自分を育ててくれた父に対し感謝の気持ちから、父の日ができました。

ロシアでは、軍人では退役軍人に感謝する意味でできたのがきっかけとなっています。

つまり、祖国を防衛してくれたという感謝の気持ちから父の日が設定されています。

いずれにせよ、すべて感謝の気持ちの表れと言えます。

父の日のプレゼント

圧倒的に父の日のプレゼントで多いのはお酒です。

それに伴って当てとして食べることもできる例が多いです。

お酒は、飲めない人もいます。

実際に、プレゼントを考えてみましとどのようなプレゼントが 一番よいのか。 悩むところです。

なんといっても、プレゼントして喜ばれなければなりません。

そこで考えてみました。

スポンサードリンク

お酒以外にも喜ばれる品物がなんでしょう。

財布やバッグまたは小物入れなども喜ばれます。

ゴルフ用品やスポーツググッズなども喜ばれます。

また、おいしい食べ物も喜ばれます。

でもやはり、プレゼントして うれしいのはいつまでも、 プレゼントしたあかしが残っているのが大変楽しいのです 。

プレゼントされた側でなく、プレゼントした側も喜びたいものです。

財布やバッグまたは小物入れなどは、食べ物のように おいしいという感じはありませんが、いつまでも使ってもらえる 喜びがあります。

同じプレゼントするのならば、送る側にも喜びが欲しいものです。

父の日のイメージ

母の日の花はカーネーションです それに対して、父の日の花はバラです。

これは、アメリカで、父の日々父親の墓前に白いバラを供えたからと言われています。

世界各国ですでに父の日が決められています。

まとめ

父の日に何をすることがよいことなのか迷うことがあります。

やはり感謝の気持ちを込めて、 白いバラを送りましょう。

そして、父が喜ぶと思われるものをプレゼントしてみましょう。

1年に一回、父の日があります。

10年たてば10回父の日があります。

ですから、毎年違うものを送るのもよいことです。

スポンサードリンク

 - 生活