誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

七夕にすることは!その時子供に説明して遊びましょう・・・。

   

スポンサードリンク

子供の七夕会に何を作ろうか。 迷っていませんか。

元々、年に一度、天(あま)の川に隔てられた彦星(ひこぼし)と織姫(おりひめ)とが七月七日の夜、年に一度だけ会うという中国の伝説にちなむ年中行事でありロマンチックなお話しです。

日本では、昔より葉竹を切ってきて、女子が裁縫の上達などを祈った行事であり、 願い事を書いた紙を竹にくくりつけ川に流す行事ですから、そのいわれを伝えることも大切です。

最も、今は川に竹を流すのは禁止されているのでしょうか。

田舎では流していました。

そういえば、流されている竹は見たことがないですね。

おやつ作り

おやつを子供に食べさせるにも、ただ食べさせるのではなく 自分で作っておやつを食べることが大切です。

教えてもらいました。 キラキラゼリー (事前にこちらでゼリーを作り、子どもたちがフォークで崩して盛り付けるだけ) こどもビール(ゼラチンを泡立ててリンゴジュースに乗せるだけ) このような簡単でも自分でつくることに喜びが生まれます。

やけどが気になるのでしたら、冷たい物を作るしかないですね。

スポンサードリンク

ツリーを作る

せっかく、七夕ですから、葉竹を切ってきて 短冊をつける行事が必要です。

自分で願い事 を紙に書いて結ぶのです。

これが、こどものころの思い出になります。

短冊をつけた竹を庭に一晩立てておくのです。

一緒に楽しむ

冷凍ホイップも。 バナナや缶詰フルーツ、プッチンプリン、チョコソースなどを子供たちにのせて巻かせると楽しいですよ。

あと、カキ氷。

シロップを色々用意すると、子供たちシロップを全ミックスさせたりして、喜びます。

まとめ

最終的には、子供の心に楽しみを投げかけることが必要です。

作った葉竹のツリーを見ながらおやつを食べることに意義があります。

このようなことをすれば、ロマンチックが絵になり、 夜の星の空も見る目が変わってきます。

ただ、食べ物を作るだけでは子供心にインパクトが弱いのです。

食べ物と竹と短冊と夜の星空、 これが子供の心を豊かにします。

都会では、マンションの一室で七夕祭りがされています。

子度の思い出には本当に良いことですね。

男女の恋の物語 昔からありました。

スポンサードリンク

 - 生活