誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

梅雨明けいつ!知らなきゃ損する梅雨明け予想!

   

スポンサードリンク

今年も6月に入ります。

そろそろ梅雨に入ります。

昨年も梅雨は平均的な梅雨でした。

今年はどうなんでしょう。

いつもでしたら、もう梅雨入りに入るのですが 今年はまだ入らないみたいですね。

熱い日々

本来ならば、雨が降り 憂鬱な日々が重なるのですが、 今年はもう真夏に日々の暑さになっています。

梅雨入りとは

梅雨入り、梅雨明けとはどの ようなと気に言うのでしょう。

比較的天気の良い日が続いてから、 比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。

その真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。

梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて、晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様と予想を出した時に、 実際に雨が降りだした日を梅雨入りとします。

スポンサードリンク

梅雨明け

また、反対に雨続きから、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けとしています。

過去の梅雨データー 気象庁の1951年から2014年までの 過去64年間の関西・近畿地方の梅雨入りデータをみると 最も早い梅雨入りは1956年と2011年の5月22日頃で、 最も遅い梅雨入りは1958年の6月25日頃でした。

まとめ

どうも、梅雨いりはきになるところですが、このように データーに基づいて行われているとは思わなかったです。

以上のデータを元にして考えてみると 2015年の関西・近畿地方の梅雨入りは 5月28日頃から6月7日頃であることが推測できます。

さらに、 昨年(2014年)は7月20日 一昨年(2013年)は7月8日に梅雨明けをしたので、 これらのデータから判断すると、 2015年の関西・近畿地方の梅雨明けは 7月14日頃から7月23日頃の間と考えられます。

このようになっています。

残念ながら、私が考えたのではありません。

スポンサードリンク

 - 生活