誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

格安スマホのメリットはMVNOだけ、おすすめは?

   

スポンサードリンク

今、流行の格安スマホについてお伝えしようと思います。

ある方がその方面に強くて、教えてもらうことによって スマホの使用料金をお安く抑えることができるようになりました。

ガラケーからの乗り換えもできますし、中高齢者のためにガラケーに スマホの機能をつけるガラケースマホも販売されるようになります。

ですから、お得情報を少しずつお伝えしようと思います。

格安スマホメリット

何故、スマホが良いのか。

お伝えします。

スマホにはイロイロな機能がついています。

例えば、地図も載っています。

目的地につくのに、場所がわからない。

そんな時、行き先の時間まで載っているのです。

でも、見方がわからないと遠回りになることもあります。

でも、本当に重宝できるのです。 例えば、旅行をしたとします。

ホテルを 探しています。

見つかりません。

地図があればわかります。

でも、住所がわからない。

そんな時どうしようもないですよね。

でもスマホがあれば名前を入力することでわかることがあります。

さらに、誰かに聞いても住所がわかって入れば丁寧に教えてくれます。

スマホがあれば、教える方も楽なのです。

格安スマホMVNO

通信業界は、大手キャリアであるドコモ、au,ソフトバンク、ワイモバイルが あります。

その下に、一次業者、二次業者となっています。

この一次業者、二次業者はMVNOと言います。

この業者はドコモとかKDDIとかソフトバンク、AUの回線を借りています。

つまり、ドコモの回線を回線を借りているためにお安くスマホ料金を設定できるのです。

スポンサードリンク

回線の強さは キャリア 一次業者 二次業者 の順になります。

通常は、キャリアが一番強いですが、あまり差はないようになってきています。

仮想通信業者のことをMVNOと言うのです。

ここで言う一次業者と二次業者のことです。 通常はキャリア、一次業者、二次業者の順に強さがあると言われています。

でも、二次業者でも強いところはあります。

また、通信には音声SIMとデーターSIMがあり 音声通話などを省いてデータ通信のみにすることで、ドコモよりも低価格でサービスを提供することが可能となります。

通信の速度とパケット転送量に制限が設けられている為に 基本的にMVNOのプランには「転送量制限」が設けられており、その制限を超えた場合は、低速な通信速度で通信しなくてはなりません。

しかし、2015年にこれがフリーになりました。

格安スマホおすすめ

回線の強さは キャリア 一次業者 二次業者 となるのですから、強さはキャリアが一番強いですよね。

でも、今まで携帯電話をお使いになった方はわかると思います。

田舎に行くと通信が途絶えることがありませんでしたか。?

やっぱりドコモが一番強いのです。

ですから、格安スマホを購入するにあたっては 自分がどこに住んでいるかも大切になってきます。

山の中では電波は遮断されますから通じないことも起きてくる可能性があります。

ですから、格安スマホと言ってもどなたもお使いになれるとは限りません。

そこを考えてほしいですね。

それでも、通信費の安さは魅力です。

月に半分以下にになると思います。

現在の主要3キャリアは7Gで通信制限を掛けます 7Gも通信しない、過去通信した月でも2、3GBいかない程度の人は変更をおすすめします。

ほとんどの方が2または3Gでやっていけます。

まとめ

格安スマホにつきましては、情報がたくさんあります。

ここで、すべてお伝えすることはできません。

ですから、少しずつお伝えしていこうと思います。

今日は、基本的なシステムについてお伝えしました。

スポンサードリンク

 - 生活