誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

夏祭り、幼稚園の低予算イベント!

   

スポンサードリンク
幼稚園児の夏祭り! 低予算の中でやるくりして出し物を考えましょう。 工夫次第でかなりお安くなります。 夏祭り 夏祭りですから、 夏に使うものを利用しましょう。 ペットボトルはいつでもつかいますが夏は暑いですから よく使いますね。 まずは、ペットボトルですね。 ペットボトルボーリング 空の500mlペットボトルと、ボールがあればOK!です 少量の水をいれたペットボールを並べボーリングの要領でボールを投げます。 これでボーリング場に行く経費が浮きます。 ふりふりゲーム 1度に5人程度が限界ですが、 園児には大分好評だったこのゲーム。 園児の腰に、ビニールひもなどで万歩計をつけます。 フラフープの中で、30秒間とにかく足踏み! 歩数の多さを競います。 足踏みに必死な園児がこれまたキュート♪ このゲームならばできないと泣け叫ぶ子供は減ります。 幼稚園 幼稚園ですから幼稚園児と遊ぶことが大切です。 次のような遊びなら親子でできます。 そこがミソです。 ハチの巣ゲーム 半分に切った牛乳パックに景品を入れ、半紙でふたをします。 それを数個~数十個くっつけてハチの巣に見立てれば完成♪ どれにしようかな~! と迷う子どもたちがカワイイ! これなんかは、お祭り2週間前から自宅で使う牛乳パックを保存しておけば 経費は掛かりません。 入っている景品を見て喜ぶ園児を見てこころが楽しくなります。 これは親が作りましょう。 外部に頼んだものではありません。 そこに価値が生まれるのです。 低予算 なんと言っても幼稚園児です。 うまくいかなかったとき泣き出す可能性もあります。 泣き出してしまったときの対処法も考えておきましょう。 そのためにはもう少し簡単なゲームを用意しておくことも 良いことでしょう。 成功すると泣き止みません。 低予算なら、たとえ失敗しても大丈夫です。 それには、身近な物を使いましょう。 牛乳パックを半分に切り水を入れふたをします。 輪を買ってきて輪投げをすることもできます。 これなら、親子でできます。 おまけに低予算です。 地方なら竹を切ってきてその竹に横からはさみましょう。 チョット技術が要りますが竹馬が作れます。 お父さんにやってもらいましょう。 まとめ 夏まつりの イベントをお伝えしました。 でもここでは、幼稚園となっていますが、 幼稚園でなくて地域のイベントや村のイベントにも効果がでます。 夏でなくてもいつでもできるのがいいですね
スポンサードリンク

 - 生活