誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

ラッキョウ甘酢漬け方と効能知ってみませんか。

   

スポンサードリンク
らっきょうと、一煮立ちさせた<調味料>と赤とうがらしを一緒に漬け込む。 [3] 時々混ぜて、漬かり具合いを均等にする。 漬け込み後、2週間頃からおいしく食べられる。 ※お好みで塩漬けしたらっきょうを使われる際には、よく塩抜きをしてからお使い下さい。 ※栄養成分は漬け汁を40%摂取するとして計算。 ※金属製のフタの使用は避けてください。 ※一度野菜を漬けた調味液は、野菜から出る水分で薄まっておりますので、繰り返し漬けることはおやめください。 らっきょう材料 業務スーパーやイオンに行きますと既に両端が切ってあるらっきょうが売ってます。 ですから、畑からとってくるラッキョウは洗って、両端を切ることが必要です。 業務スーパーではそのままの土のついたラッキョウが売っています。 ラッキョウ効能 実は、ラッキョウは血液をサラサラにしてくれる作物の中でも 毎日少しずつ食べることで健康管理ができラッキョウって血液がサラサラになるのです。 一日に3粒か4粒か食べればよいのです。 作り方 材料 らっきょう1000g 赤とうがらし2本 <調味液> ミツカン 穀物酢 2と1/2カップ または ミツカン 米酢 水3/4カップ 砂糖3と3/4カップ 塩小さじ5 作り方 [1] らっきょうをよく洗って、両端を切り取り、再度水洗いして全体に熱湯をサッとかけ、水けをよくきる。 [2] ふたのできる3リットル以上入る広口びんにます。 このラッキョウを食べることで、腰痛が治ったという人もいます。 でも、脳梗塞とか心筋梗塞に不安を持つ方は少しずつ食べることで 少しずつ避けることができます。 まとめ 梅干し、ラッキョウは毎日少しづつ食べることができます。 お値段もお安く済みますし、保存もできます。 まさに日本人の定番ともいえます。 さらに、ラッキョウ漬けはお酢も入っていますので、 ヘルシーになれます。 一度挑戦してみてください。
スポンサードリンク

 - 生活