誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

梅雨にレインコートで自転車に乗るの は?足カバーはどうする。

      2021/07/01

スポンサードリンク

梅雨になりますと、雨がたくさんふります。

雨が降ってもでかけなければならないことがありますよね。

ちょっと出かけるならば、自転車に乗ることが多いですよね。

ところが、そんなときに困るのが、自転車です。

今は、傘をさして自転車を乗るのは禁止されています。

また、傘をさして自転車に乗りますと、転倒したりぶつかったりする確率が高くなります。

特に、お年を召された年配者や女性は気をつけたほうがいいでしょう。

また、割と日本では特に、都市では自転車が多いです。

自転車事故も起きています。 また、バイクに乗りますと駐車に困るのですね。

駐車場が少ないのです。

ですから、自然と自転車が多くなるのですね。

そんなときには、レインコートが役に立ちます。

どんなレインコートがあるのか。 以下でお伝えします。

レインコート 自転車 おすすめ

レインコートを着て自転車に乗るときには、どのようなレインコートが良いのか悩むことありませんか。

強い雨ですと、前が見えません。 メガネをかけている人は、メガネが雨で濡れて、余計前が見えにくくなります。

そんなときには、安価なレインコートが重宝になります。

ところが、100均で販売されているようなレインコートは 破れやすい上に、くっつくのですね。

ちょっと扱いに困ることもあります。

と言って、かさばる袋に入っているレインコートは持ち運びに困ります。

できることならば、上下分かれているレインコートのほうが、乗りやすいです。

また、足元が濡れますので、靴は、長靴がヨイです。

少なくとも、ブーツを履きましょう。

足が濡れますと、靴の中が臭くなります。

さらに、自転車は、前があいている自転車のほうが雨の時は助かります。

急な雨の時が困るのですが、自転車のハンドルにかけるようなレインコートですと 足元が濡れません。

皮靴や、運動靴を履いている時は特に困りますね。

レインコート 自転車 足カバー

自転車は、ズボン形式になっていないレインコートとズボン形式になっている上下のレインコートがあります。

ズボン形式になっていないレインコートでは、レインコートの購入をする際に、かなり考えなければなりません。

なぜならば、自転車は足でこぐものです。

ですから、足が濡れることが多いのです。

足が濡れるだけなら良いのですが、 足の匂いがこちらの中に伝染します。

そのために、匂いがとれなくなることが多いのです。

もし、ズボン形式になっていないレインコート起きるときには、 靴の中に水が入らないように足にカバーをすることが必要となってきます。

アマゾンや楽天で、いろいろなレインコートが販売されていますので、よく調べて購入をしましょう。

今は、レインコートでも様々なレインコートが販売されています。

アイキャッチ画像のようなレインコートは以前はありませんでしたが このようなレインコートならば、あまり足元が濡れることはないでしょう。

通常、オートバイクに乗る方はいつもレインコートを携えています。

ところが、自転車の場合はレインコートをしまっておく場所がないのですね。

この点が悔やまれます。 ちなみに、濡れたレインコートは前かごに入れています。

まだ、取られたことはないですがでも気になりますね。

レインコート 自転車 濡れない

レインコートは、長く使用していますと水を通すようになります。

ですから、途中で揮発製の物質を塗ることも必要となってきます。

まだ、途中で新しく購入することも必要となってきます。

その点に注意して、購入するときには、耐用年数をよくシラベましょう。

この画像のレインコートは、前からの雨が、足元に落ちないようになっています。

実際、この形のレインコートを着て自転車に乗っている 女の人をよく見かけます。

私もこれはいい。 と思い、探していますがまだ、見つかっていません。

気楽に着用できていいと思いませんか。?

強い雨でないかぎりは、このようなレインコートもかなり役に立ちます。

でも、運動靴では、少し強い雨でしたら濡れてしまいます。

急な雨で、足元が皮靴や運動靴の場合は、コンビニで弁当を購入した時に 入っているビニール袋で靴を覆うこともいいことです。

この方法はかっこ悪いですが、雨が上がった時、大変助かります。

レインコートの色

レインコートの色にまで気を配るべきなのか。? と、思うことありませんか。

できることならば、色にまで気を使って欲しいですね。

たとえば、道路工事のガードマンの方の服には反射帯が付いていますね。

昼ですから、反射帯まで必要ないと思うのですが、やはり付いています。

また、土砂降りの雨の時は視界が悪いですよね。

例えば、黒のレインコートですと夜の場合ほとんど見えません。

ところが、黄色やオレンジの色でしたら、反射して見えますよね。

奇抜だからと思わないでやはり色は目立つ色のほうが無難です。

まとめ

梅雨のような、雨のよく降る日は 自転車に乗るのも、大変です。

でももっと大変なことが、交通事故が起きた時がもっとも大変です。

ですから、扱いやすいレインコートを探して乗るようにしましょう。

そして、災いからのがれましょう。

スポンサードリンク

 - 生活