誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

ドッグフード調査隊!~ストレス

      2016/12/31

スポンサードリンク
結構わかっているようでわからないこと多いですよね。ワンちゃんにストレスが溜まっている時、なにをするかご存じですか。? ワンちゃんがストレスを訴えるときにする行動として カーミング・シグナルというものがあります。 これはボデイーランゲージになります。 11 言葉の意味としては、 「相手や自らを落ち着かせる」という意味になります。 ではワンちゃんはどのようなシグナルを見せるのでしょうか。?

ストレスを訴えるしぐさとは?

カーミング・シグナルとは?

混乱していたり、強いストレスを感じているときに見せる行動です。 具体的には、 「鼻をなめる。」 「体をかく。」 「あくびをする。」 等の行動です。

シグナルの意味!」

ワンちゃんはこれらのシグナルを出すことで、 「自らを鎮めたり」 「目の前の相手に対してお互いに落ち着かせよ。」 と訴えているのです。 ですから、飼い主はこれらを知れば、愛犬の気持ちを知ることができます。

ワンチャンの4つの学習パターン!

いいこと嫌なこと
起きる行動の頻度が高まる。 行動の頻度が減る。
なくなる行動の頻度が減る。 行動の頻度が高まる。
表で表すとこのようになるのですね。 別の形で表しますと、 1 たまたまペロッと舌を出す、→緊張状態が和らぎ争わなくて済んだ、→何回か同じことを繰り返す。→カーミング・シグナルになる。 2 ある行動→嫌なことがなくなる→頻度が高くなる。→カーミング・シグナルになる。 現代では、ワンちゃんを力ずくで抑えるのではなく、 犬に行動心理学、行動分析学で培われて科学的な視点に基づいて コミュニケーションを取るようになっています。 つまり、犬の行動から心理を読み取るのですね。 「吠える」 「噛む」 といって行動にはそれなりの理由があり その元にしつけを当てはめていることが 行われるようになったのです。

まとめ

これらのことから、愛犬の行動から 気持ちを読みこませるためにお役立つことになると思われます。
スポンサードリンク

 - ペットフード