誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

ドッグフード調査隊!〜愛犬との会話 

      2017/01/08

スポンサードリンク
愛犬との絆を深くするためには ワンちゃんの仕草から ワンちゃんの気持ちを知ることが大切になってきます。 この仕草は何を意味しているのか。 知りたいというお悩みありませんか。? なぜなら、仕草を知ることで会話が弾んできます。 そこで、仕草ごとに説明をしていきます。 %e7%8a%ac%e7%8c%ab%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f1-718x539

シグナル/カーミングシグナル

カーミングシグナルとは、相手や自らを落ち着かせるという意味

あくび

あくびが起きるメカニズムは、脳への酸素供給量の不足が原因と言われています。 そのため、大きく息を吸い込むことで酸素を取り込もうとしていると言われています。 以前はトレーニング中にあくびをしますとたるんでいるみなされ、罰を与えられてことが あるようです。 その結果、逃避・攻撃行動が高まったり、無気力になったことが判明したそうです。 ですから、愛犬があくびをしても何かを無理強いすることは控えてください。

お尻をあげる

お尻をあげる行為は、「プレイ・バウ」と言われます。 「プレイ・バウ」とは、パッと頭を下げ、お尻を上げて、一瞬動きを止めるというものです。 元気なワンちゃんは、イキイキした表情でプレイ・バウを左右にすることがあります。 また、ゆったりと頭を下げ、お尻を上げた姿勢をしているのは、 「遊びたいけど、どんな相手かわからない。』 といった不安の表れですが、同時に敵意がないことを伝えたり、 自分の不安を落ち着かせたいという意味になります。

視線を外す。

犬が相手から視線を外すことは怖さやストレスを感じている証拠になります。 意味としては 「私はあなたに興味がないからあなたも私に興味を持たないで。」 「わたくしにストレスかけないで。」 などいうシグナルなのです。

一点を見つめる

逆にワンちゃんが一点を 見つめる場合があります。 ① 相手に対する興味 ② 相手に襲いかかる前触れ ③ 音への集中 ④ 異常行動 以上のことが考えられます。

目を細める

目を細める理由は、次の場合になります。 ① 太陽光や突然の光などがまぶしい。 ② 気持ちがよいとき ③ ストレスを感じたとき

まばたきが多くなる

ストレスや緊張をい感じたときにまばたきが増えます。 また、まばたきが増えるのは相手に敵意のなさを伝える手段もなります。

鼻をなめる

ワンチャンが鼻をなめるのは、 鼻水を拭うため、または鼻を濡らすためと言われています。 そもそも、犬の鼻は濡れるようになっています。 注意するのは、必要以上に 鼻水を垂らしていたときですね。 このときは、交感神経が刺激されたときでストレスがかかったときですね。 鼻を舐めるときは口から舌が出ますが、 これは周囲に敵意がないことを伝えています。

舌をペロッとだす。

愛犬が基地から舌を出すのは、攻撃の意思がないときや敵意がないことを示しています。

カーニングシグナルのしくみ

舌をペロッとだす。→争いごとが起きなかった→舌をペロッとだすようなる。 舌をだす行動がカーミング・シグナルになるまで 離乳期に母犬のおっぱいに食らいついていた母犬が痛がって怒った→母犬に怒りがおさまった。 子犬同士の遊びで取っ組み合いをしていると興奮状態になった→舌をペロッとだした→興奮状態がおさまった

唇をなめる

「何かストレスを感じ口角に溜まった水分を舐めたら緊張が和らいだ。」 こういう状態を言います。 ですから、緊張が和らいだ状態を言いますね。

尻尾を ふる。

ワンチャンはよく尻尾をふりますね。 でも、一番大切なのはノーマルな状態を知ることです。 ① 止まっている状態 1 不安も興奮もないニュートラルな状態 2 集中もしくは警戒している緊張・硬直状態 ② シッポがゆっくり動いている状態 軽い興奮または様子をうかがっている状態 ③ 激しく動いている状態 興奮状態を意味しています。

シッポの振り方とメッセージ

1やや下の位置でゆっくりとふる。 警戒して様子見、場合によっては突撃もあります。 2上の方で小刻みに振る。 嬉しくて大興奮している状態 3 下の方でゆっくりとふる。 ちょっと嬉しいけどこの先どうなってしまうのか不安 4 上の方でゆっくりとふる 相手の出方によっては自分から攻撃することもあります。

伸びをする

萎縮した筋肉を 伸ばしたり、気分転換や溜まったストレスを軽減させる目的があります。 また、ストレスを感じているときに自分や相手の緊張を ほぐしたい時に見せる仕草です。

愛犬に挨拶を教える

愛犬の寝起きを見計らい、伸びをしたらおやつをあげてみましょう。 伸びの気配を感じたら「こんにちは」などの挨拶を します。 すると、そのうちに「こんにちは」などの合図にしたがって伸びの姿勢をするようになります。 そのスタイルはお辞儀をしているように見えます。

まとめ

このようにワンちゃんの仕草にはイロイロな意味があります。 全てを知る必要はありませんが知ることで愛犬との会話が弾むようになります。 少しでも、知っておきましょう。 他にも、会話の方法があリます。 一度にまとめてみようと思います。 ワンちゃんを飼いますと会話がしたくなりますよね。 でもワンチャンはイロイロなシグナルを出しています。 しぐさからシグナルがわかります。 ワンちゃんは人お話ができませんので シグナルを出すしかないのですね。 それらを十分に知っていることが、会話より楽しくさせることだと思いませんか。 でも、わんちゃんが何を求めているか、わかりづらいというお悩みありませんか。 それらを知ることは、ワンチャンの健康にもつながります。 その方々のために、知っているシグナルを説明します。 なぜならば、それらを知ることによって、 どこにもで出かけやすくなります。

背を向ける

ワンチャンが視線を外すということは 人と同じように背を向けるということになります。 背中を相手に向けるワンチャンは強制的なトレー二ングをされてきたワンチャンに多く見受けられます。 簡単に申しますと、力ずくで教え込もうとしますと ワンちゃんは嫌がってしまいます。 それはストレスがかかっているからなのですね。 ea89e5531d8cbbabbc2fd051f8159a64

おすわりの教えかた

step1 フードを握り込んだ手を犬の鼻先につける。 step2 犬が手に集中したら、その手で犬の鼻先が天井に向くように誘導します。 犬が上を向くと、自然とおしれが床につくはずです。 step3 お尻が床に着いたら、褒める言葉をかけ、フードを与え、優しく撫でてみましょう。 このようにすれば、強制的に教えなくてもできるようになります。

体を振る。

体を振るには、ストレスによって硬直してしまった体をほぐすという意味があります。 犬同士で遊んでいたとき、夢中になりすぎて興奮を 沈めようとしたり、 緊張を解こうとしてりして、ブルブルして、 相手に「ちょっと、休もうよ。」「少し、手加減してよ。」 と知らせているのです。 注意点! トレーニング中に、何もしていないときより高い頻度でなお体を足でかいたりしたときは、 わんちゃんが、もうやりたくないっていう可能性が高いのです。 そんな時は、無理にトレーニングを続行することをやめましょう。 1 魅力的なおやつをあげる 2 トレーニングのレベルを下げる 3 一眠りさせる 4 待てなどのトレーニングのときは体を少し動かす などのことを行ってみましょう。 これは、トレーニング中の息抜き方法となります。

体をかく

体をかくいうことはそれなりの理由があります。 脳がストレスを感じると、かゆみの原因となるヒスタミンという物質が分泌されると言われています。 トレーニング中や飼い主が指示を出したときに、ワンちゃんが体をかいたならば、ストレスから来るしぐさと考えられます。 「もうやりたくない」「混乱してるんだよ」と訴えている可能性が高いのです。 ワンチャン同士で遊んでる時に体をかく仕草を見せたら、 興奮する相手に対し、「ちょっと落ち着こうよ」というメッセージを伝えていることも考えられます。 お肌のトラブルで、体をかくこともありますが、以上のようなことがあることも、 お考えください。

前足を片方だけあげる。

ポインターなどの狩猟犬の特性として、そっと片方の前足をあげ、そのまま動きを止めることがあります。 これは、獲物を見つけた時などに見られる仕草です。遅一かかっている機会を見計らっているのです。 これもストレス反応の一つです。 また、狩猟犬でなくても相手に対し、敵意はないことを知らせたり、自分の緊張や興奮を落ち着かせようとしている時に このような片足を上げた状態で硬直してしまったり、動きを止めることがあります。

犬が前足をあげる時の例

1 ストレスで体が固まっている時 2  物理的に片足を上げざるを 得ない状態の時 飼い主を見上げる時 肉球をケガして片足をあげる 3 お手の仕草をしている時 4 足場が強かったり、地面が熱い時

クシャミをする。

突然のクシャミは体調不良のサインと 別にストレス反応の場合もあります。 この場合は、体調不良も疑わなければなりませんが、 カーミング・ポイントとしてもっと落ち着こうよと言っている可能性があるのです。

止まる

パーソナル・エリアとは他人に近づかれると不快に感じる空間のこといいます。 これは、人にもありますよね。 ところが、犬にもあるのです。 ですから、ワンチャンが止まった時はパーソナル・エリアを作っていると考えて見ることです。 ですから、土足で踏み込むようなことをしますと、トラブルになる可能性があるのです。 ところが、コミュニケーションの高い犬は、相手めがけて走っていても、少し離れてところで突然ピタッと止まります。 その際、しっぽは嵯峨らずに微妙に揺れています。 止まると いうことは、相手のストレスを軽減させることなのです。 ですから、相手の 緊張を和らげるために戦う意思がないことを示しているのです。

まとめ

このような仕草からワンチャンのシグナルを知ることが ワンチャンとの会話に弾みをかけます。
スポンサードリンク

 - ペットフード