誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

犬の病気には、心臓病、ガン、糖尿病、呼吸器疾患、感染症、狂犬病があります。 

      2017/01/30

スポンサードリンク
ワンチャンの平均寿命がますます伸びています。 それは、人と場合と同じです。 犬の食生活や動物病院などの医療環境も整備されているからなのですね。 これからは飼い主がワンチャンの健康や病気に関する知識をしっかり持つことですね。 %e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3%e7%8a%ac

犬がかかりやすい病気

心臓病

心臓病は、人よリも犬の方がかかりやすのですね。 小型犬→僧帽弁閉不全症 大型犬→心筋症 これらは、不整脈や心雑音などが初期症状になります。 ですから、定期的に健康診断を受けることが重要になります。

ガン

シニア犬半数がガンで亡くなります。 6歳を超えますとガンの罹患率が増えます。 ガンは早期発見・早期治療を すれば長く生きることの可能になります。 ですから、飼い主に異変察知が何よりも重要になります。 ガンの兆候は嘔吐・下痢、しこりなどです、異変を感じたら かかりつけの獣医師に受診しましょう。

糖尿病

ワンチャンの糖尿病のほとんどは、膵臓からインスリン分泌がほぼなくなる「1型糖尿病」 で、遺伝的要素のあるいぬが、感染症や事故免疫性などうぃ きっかけに発症します。 初期症状としては、多飲多尿や食欲増進が当たります。 当然、糖尿病が進行しますと腎炎や白内障につながることもあります。

呼吸器疾患

気管の 外側に成る軟骨や歪み、気管を つぶしてしまうことによって 激しい咳や呼吸困難などの症状のある気管虚脱を起こすことがあります。

感染症

ワンチャンの感染症としては、狂犬病になります。狂犬病には ワクチン接種が義務付けられています。 他の感染症は、任意ですが愛犬のためにも予防接種をしましょう。

狂犬病

ヒトを含むすべてに哺乳類に感染し、多くの場合、死に至ります。

フイラリア症

フイラリア症は、フイラリアに感染した蚊に刺された犬がさっされることで感染します。

ジステンバー

6ヶ月以下の若い犬が比較的かかりやすく、感染している犬との飛沫・接触で感染します。

犬パラインフルエンザ

御身に咳の症状があり、接触・飛沫などが感染経路です。

まとめ

少なくとも、ガンにかからないような食事をしましょう。
スポンサードリンク

 - ペットフード