誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

ドッグフードお試しと100円モニター!お試しだってあります。

      2018/03/18

スポンサードリンク
24 今、カナガンが100円モニターをしています。 でも、実際に100グラムって大変少ないのです。 結局のところこれがお試しになるかもしれませんね。 ところで、どこまで効果があるのかチョット頭をかしげる場合もあります。 何故なら、全てのワンちゃんが食いつきが良いとは限らないからです。 それに、本当のところを知るには量が少し少ないですからね。 また、今まで、たべていたドッグフードを急に変えますと そのドッグフードを食べるのに躊躇することがあるからです。 ですから、お試しがあるのは大変ありがたいのですが、 量が少なすぎてお試しにならないこともあることも考慮に入れてください。 ところが、最初から、お試しのドッグフードもあります。 お試しの場合、お値段がお安く数量もある程度あります。 そこで、100円モニターのドッグフードとお試しのドッグフード を羅列してみます。

お試しドッグフード

FINEPET'Sドッグフード お試しパック1キログラム→500円となっています。 『馬肉自然づくり』 300グラム→1000円 【ブッチ・ドックフード】 初回注文のみ 2400グラムで3000円 オリジン お試し無し

100円モニター

カナガンドッグフード アランズ ナチュラルドッグフード この会社は、販売元が同じです。 しかも、公式サイトに直接飛びましても100円モニターの画面は 出てきません。 100円モニターの画面で購入することになります。 ちょっと、この点がわかりにくいですよね。 また、このショップは他のドッグフードも販売していますが どれも、通信販売になっています。 しかも、外国産ばかりで特にイギリスが多いですね。 強調しているのは、健康志向のグレインーフリーの穀物不使用のドックフードが多いです。 またキャットフードも販売しています。 実際のところ、日本のドッグフードにはかなりの不純物が組まれています。 わかりやすいところでは、店頭におくために、保存物質が混入されているのです。 合成保存料を入れないと店頭で長く持たないのですね。 また、かさ上げのために、穀物が1番おおく使用されています。 このカナガンドッグフードとナチュラルドッグフードは 原材料のところの一番最初に「肉」が載っています。 ということは、肉が主原材料になっているということなのです。 雑食化されているわんちゃんといえども、もともとは肉食動物ですから、 穀物が多いということは、あまり褒められた話ではないと言うことになります。 その点を強調しているのが、このショップの特徴です。

食いつきとは?

ドッグフードの場合「食いつき」がよく喧伝されていますが いつもと違うドッグフードを出されたら、 すぐ食べないワンちゃんもいますから 一概に「食いつき」がいいからと言うだけで決めつけてしまうのは 問題があると思っています。 つまり、わんちゃんも考えることのできる動物ということになります。 特に、猫ちゃんの場合は 食べ物が変わりますと下痢をすることがありますし 食べない事もあります。 最初から、食べないかも知れないと思って モニターやお試しをすることも良いことです。 でも、食べない時は 「フードが変わった。」 「フードの味が違う。」 「おやつの味が違う。」 等の理由があります。 たいていの場合、今まで食べていたフードに 新しいフードを混ぜることで解決することが多いですね。 当然、最初は新しいフードの量は少ないです。 あまり、心配することはないと思います。 これは方法論の問題です。 それよりも、問題は「フードの材料」ではないでしょうか。? 例えば、その材料にアレルギーがあった場合に問題になります。 その点を調べるのにはいい方法と思います。 調べるのには一番適切なのは、 動物病院で調べてもらうことですね。 調べてもらう内容は原材料と添加物です。 また、獣医師が推薦するドッグフードが必ずしもいいとは限りません。 たとえば、いくらグレインフリーといえども チキンに、またはラム肉にアレルギーがあれば食べることはできません。 違いは、 カナガンドッグフードはチキン ナチュラルドッグフードはラム肉ということです。 でも、さすがに、これら上記のドッグフードは それなりの地位を占めていますから 製品的にも安心できる物です。 何と言っても、肉副産物や合成保存料が配合されていないことですね。 ペットフードの場合人の食品のように規制がきつくないですから 粗悪品が配合されている可能性があります。 これは、大きいです。 また、 小麦粉も配合されていません。 わんちゃんに玉ねぎはいけないと言われていますが、 これはインンターネットが発達した今だからわかるのですが、 昔、猫まんまのようにご飯に味噌汁をかけていた時代は どうだったのでしょうか。 残念ながら、このような内容を知っている方も少なくなりました。 管理人は、猛禽を飼っていました。 今だって、飼ってみたいのですが 残念ながら、家をお留守にするとき預ける施設がないので諦めています。 実は、猛禽もワンちゃんも肉食獣です。 ですから、獲物を食べています。 獲物の血も内臓も全て食べているのです。 通常、肉食動物は血液の中からビタミンを摂取します。 もともとは、猛禽もわんちゃんも猫ちゃんも肉食動物ですから我々人間とは消化器官が違います。 その点にこれらのドックフードは着目しているのです。 そこが、通常のドッグフードとは違います。 通常のドッグフードとは、店頭販売されている日本のドッグフードのことを言います。

まとめ

一般的に、おやつは食いつきがいいように作っています。 味付けがいいのですね。 でも、おやつを多く与えますと主食を食べなくなりますから考えて与えましょう。 愛玩犬の場合は、おやつも与えることがありますが番犬の場合はおやつを与えることは あまりありません。 おやつはないものとすることもできます。 イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』 アランズ ナチュラルドッグフード
100%無添加のプレミアムドッグフード
関連サイト 参考サイト
スポンサードリンク

 - ペットフード