誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

ウサギが家にやって来た

   

スポンサードリンク
52 ウサギは容姿がかわいいだけでなく飼い主に良くなつく知能と豊かなしぐさや 表情を持っています。 体が小さく狭い部屋でも飼育でき、鳴き声がないから隣近所にも迷惑が掛かりません。 また、夜行性で昼間はほとんどねて暮らしているために、共働きや一人暮らしの日とも飼うことができます。

ウサギの習性

ウサギには 地上で暮らすノウサギと、土に掘った巣穴の名中で暮らすアナウサギがいます。 現在、ペットとして飼われているのはアナウサギです。 その習性が残っています。 地中に潜むために穴を作っていました。 体を隠す場所を自分で作っていました。

夜、行動する。

天敵から身を守るため、昼は巣穴から動かず夜行動していました。

物をかじる

木の皮や幹をかじることで、伸びすぎる歯を削っていました。

草を食べる

ウサギは草食動物です。 草の葉や木の葉などの植物を食べます。

注意

便を食べるのは、体のため ウサギの消化器官は特別の働きを持っています。 ウサギは栄養価の低い草や葉から栄養を取るために食物中の繊維を盲腸内の腸内細菌の働き 発酵、分解して炭水化物として利用しています。 また、盲腸の中ではタンパク質やビタミン豊富な盲腸便が作られ、 これを一日のうちの一定時間に排出します。 これを、自分のお尻から食べることで、最大限の栄養を吸収することができるのです。
スポンサードリンク

 - ペットフード