誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

カブトムシの飼育セット・成虫は?幼虫は?注意点は?

      2017/01/26

スポンサードリンク
54 チョット昔までは、田舎ではカブトムシは 近くの雑木林で捕ったものです。 今は、デパートでカブトムシが売っています。 でも、カブトムシの飼いかたも知っていないと困りますよね。 カブトムシが生きる世界も知っていることもいいことです。 夏の終わるになりますとカブトムシのメスをつかまえてきて 農家からいただいた腐葉土の中に入れておきます 飼育にはバケツを使いますが バケツでなくても結構です。 メスのカブトムシがたくさん卵を植えつけますとえさが足りなくなります。 そんな時は、ふんがバケツ一杯になり幼虫が表面に逃げ出してくることもあります。 カブトムシの幼虫は里山では、たいひで育ち、山では朽木で育ちます。

カブトムシ飼育セット

カブトムシは成虫と幼虫で生活の仕方が違っています。 すみ場所も食べ物が違うからなのです。 そのため、成虫と幼虫では飼い方がずいぶん違います。 1 カブトムシは、力が強いので荷が出さないようにしっかりとふたをしましょう。 2 カブトムシの成虫はふつう1か月ぐらい生きています。   長生きさせるためにには大きな入れ物に少数で飼うこと。   かずが多いと争い会って弱ってしまいます。 3 餌は、リンゴ、スイカ、砂糖水、ジュースなど   果物は腐らないように果物はくさらないに取り換えてナスとキュウリは糖分が少ないので   栄養にはありません 4 昼間、土の中に隠れているときはほりださないようにします。。   カブトムシは主に、夜、活動するので    観察は夜の方がいいです。 6 オスとメスを一緒に飼っていると、卵を産むことがあるます。     成虫が死んだら、土の中を調べて卵や幼虫が育ているか調べましょう。

 幼虫を飼うときに注意

1 大きな植木ばちで幼虫の数を少なくして飼うこと   たくさんいれますと幼虫が動くときに、傷つけあって病気にかかりやすくなります 2 中に入れるたい肥や土の中にミミズがいないか注意すること。   みみずが幼虫の餌を食べてしまいます。 3 たい肥が変えすぎたり湿りすぎたりしないようにします。   たい肥が乾いてきたら水をかけてやりましょう。  4 カブトムシの幼虫は餌をたくさん食べます。   餌になかにふんが目立って来たらたい肥を入れ替えて見ましょう。 5 幼虫に褐色の固い部分が見つかったら病気です。   これは、ウイルスによる伝染力も強い病気なので、   病気になった幼虫は早めに外すことです   この病気は治りません、   このほかに身体がドロドロに溶けた状態になる病気もあります  カブトムシの成虫は樹液を、幼虫は朽ちかけた落ち葉やたい肥を食べ物にしています。  特に」たい肥はカブトムシの良い産卵場所です。  そのため、人間が農業のため雑木林を利用するようになってからかぶと虫は増えてきたと考えられます。
スポンサードリンク

 - ペットフード