誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

健康なウサギの選びかた・生後6週間は母ウサギが重要!

      2017/09/27

スポンサードリンク
55 ウサギは夜行性の動物で、昼間は寝て夕方から活発に活動します。 ペットショップでも、一般家庭でも  夕方から夜の時間帯に見に行くと本来の姿が観察できます。

うさぎの選び方

体をチェックして、健康なウサギを選びましょう。 何匹かの子ウサギがいる中で、元気にとび回っている子は健康 好奇心をもって寄ってくる子はおおらかでひとなつこい性格と考えましょう。 ペットショップの店頭では、生後4~5週間の幼いウサギがうられていることが多いようですね。 丈夫なウサギを手に入れたいなら、生後6週間までは母ウサギに育てられた子を選びましょう。 ウサギは、生後約3週間から乳離れを始めますが6週間までは固形物だけでなく母乳も 飲んで育ちます。 母乳は、成長にかかせない重要な栄養源であり、それが足りないとバランスの取れた成長が望めません。 子ウサギの腸内細菌が安定するのは生後8週間たってからです。 それまでに、環境を変えると神経質なウサギは下痢をしたり、食欲が落ちたり、ひどい場合は死んでしまうこともあります。 愛らしさに多少欠けますが、生後8週間たったウサギがおすすめです。 目 目ヤニや涙が出てこない 耳 耳のなかに汚れやただれ、ニオイがない。 前足 前足の内側の毛よごれていない 被毛 毛並みがきれいで皮膚に傷がない お尻 お尻の周りがウンチやおしっこでよごれていない 鼻 鼻水で汚れていない 歯 切歯の生え方が正常

うさぎの種類

市販のうさぎににはいくつか種類があります。 ちなみに、管理人が買っているうさぎはしろと茶色の混合タイプです。 種類はあるのですが箱を捨ててしまいいまのところわかりません。

まとめ

うさぎを買っていいところは、まりウが叶いところです  反対に、悪いところは、糞が臭いところですね。 うさぎといえば、みなさん耳が立っているように思っておられますが ねているタイプもあります。
スポンサードリンク

 - ペットフード , , ,