誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

猫ちゃんが外であったら知らんぷり・体を押せてスリスリ

      2017/02/04

スポンサードリンク
59

猫ちゃんが外であったら知らんぷり、それは何故・

ある時、お散布中の猫とゴミ集積場にゴミ捨てに行った飼い主が近所で鉢合わせをしました。 すると知らんぷり これは何故でしょう。 実は、猫の方が鉢合わせをした相手を飼い主と認識できていないのです。 ネコの目は、光を取り入れる量を調節して夜の闇の中での行動も可能にしているのです。 それで目がいいというかもしれません。 しかし、その半面、わかるのは物体のおぼろげな形だけで細部までは識別できていないのが実態です。 よほど、近づくと別ですが、少し離れた位置にいる猫は遠くから歩いてくるのが 人間であると認識できても自分の飼い主とまでは判別できないのです。

体を押せてスリスリしてくるのは、愛情の証ではなかったの。

とにかく、猫というのはやたらと体をすりつけてくるペットと認識されているようです。 例えば、キッチンで包丁を使っているとき、足元に寄ってきてスリスリします。 好いていてくれるのはわかりますがそれだけでなく、 この行動は、他の意味合いが含まれています。 あなたへの愛情を示すのと同時に自分の所有物として安心感を得たくてする行動なのです、。 ですから、嫌がらずにやらせてあげるのが猫と上手にコミュニケーションを取る第一歩と考えられます。
スポンサードリンク

 - ペットフード