誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

スーツを着こなす裏ワザ・肩・ボタン・裾でシルエットも良くなる。

      2021/09/06

スポンサードリンク

64 スーツを着こなすことはイロイロなことに役に立ちます。

管理人は、スーツが好きです。

なかでも、カジュアルファッションが好きですが スーツはビジネス感覚になり嫌がる人もいます。

でも、学生時代は制服がありました。

スーツは、ビジネスマンの制服のような感じもします。

でも、本当はそれよりも 機能的に優れていると思うからです。

ですから、旅行先までもスーツを着ます。

少なくともスーツをシャープに着こなすことは 好印象を与えることになります。

当然、商談もうまくいくでしょう。

そこで、間違ったスーツ選びをしていないか、確認してみましょう。

スーツは肩に合わせて選ぶ

まず、スーツの上着はジャストサイズを選ぶことです。

特に、肩がフイットしているかどうかが、スーツをかっこよく着こなすための 重要なポイントになります。

”スーツジは肩で着る!と言われるように方から首にかけてのシルエットは、スーツの着こなしを左右するたの大切な要素になります。

肩が決まっているだけで、姿勢がピンと伸び、全身にシルエットが美しくなります。

また、小柄で痩せている人ほど、肩を意識してジャストフイットッさせている方が良く似合います。

小柄な方が、自分の肩幅よりも大きめのスーツを来ていますと貫禄が出るどころか、上着がダブついて貧層に見えてしまいます。

注意点

試着の際は、前の見ごろや背中がつれたりしわが寄っていないか、胸のあきが広すぎないか確認することです。

スーツのボタンの正しいかけかた

スーツの仕立ては、止めるためのボタンの位置が、型紙の段階からあらかじめ設計されています。

留める基本の位置はウエストラインになりますが、これはスーツの種類によって微妙に異なってきます。

シングルのスーツ

上のボタンの場合は上の部分だけをかけます。

シングル3ツボタンのスーツ

「中ひとつがけ」といいましたて、真ん中のボタンンをだけひとつをかけます。

ダブルのスーツ

ボタンを外すとだらしなく見えるので、常に全部かけておくのが基本です。

視線の集まるVゾーンはスッキリと デスクや会議室の座席に座ったとき、目につくのは上半身です。

それも特に、人の視線が集まりやすいのです。

ネクタイの結び目はしっかりとし、左右どちらかにずらしておくことはやめましょう。

それと、シャツの第一ボタンです、

これらは、チラリともボタンを見せないことです。

すき間から第一ボタンが覗いていないようにしましょう。

襟元は気のゆるみが出やすいものです。

スーツの後ろ姿

実際に、自分に合うかどうかは試着してみないとわかりませんが 一般てきなイメージをお伝えします。

ノーベント→クラシックなイメージ センターベント→アイビールックやブレザーなどのカジュアルなイメージ サイドベンツ→おとなっぽいイメージ 腰が張っていてがっちりタイプの方はサイドベンツがおすすめです。

なぜならば、シルエットが外に響きにくいので体を動かした時も窮屈に見えません。

目の視覚のマジック

人の目は、物事をただしくそのまま伝えているとは限りません。

幻想もあるくらいですから、見た目を綺麗にすることもできるのです。

例えば、色の白い人と色の黒い人ではどちらが綺麗の見得ますか。?

個人によって見解は違うでしょうが、管理人には色の白い人のほうが 綺麗に見えます。

また、お肌の綺麗な方とお肌の荒れた人はどのように感じますか。?

スポンサードリンク

ふしぎなもので、お肌のきれいな方のほうが健康的で感じもよく見えます。

お若い20歳前後の若人と老人では、やはり若い人のほうがよく見えます。

スーツも、色や感じで受け取るイメージが変わってきます。

太った人

スーツの色は濃紺やチョコールグレー、黒などの収縮色を選ぶのが基本です。

柄はピンストライプがおすすめです。 ストライプですと、細く見えるのです。

痩せている方

膨張して見える明るめのゲージュやグレーのスーツがいいです。

身長の低い人

身長の低い人はピンストライプの柄が縦のシルエットを作り スラリと見せる効果があります。

黒は、重心を下げてしまうのでお勧めできません。

阪神タイガースの縦縞のユニフオームを見てどうおもいますか。?

スーツでもストライプは細い方が体が細く見えます。

ストライプの線も関係してきます。

細い線と太い線ではどちらが良いでしょうか。?

細い線のほうがいいようです。

また、色も関係します。

いまは、あまり目立たない色が流行っていますね。

以前は、紺系統が多かったのですが、 今は断然黒が多いです。

黒は、個性を消すといいますが実際に来ていますと この色が一番落ち着きます。

これは不思議ですね。

ずぼん丈の採寸

人の足の長さは微妙に違います。

ずぼんの裾丈の目安は前側は靴の甲の部分に軽くのり、折り目の部分に少し くぼみがでる程度がいいです。

ずぼんの後ろ側は靴の@ヒールの部分から1センチぐらい上に合わせるぐらいがいいです。

裏ワザ

ズボンのシルエットがきれいに出ないときは裾の折り目に10円玉を一つ入れておけばいいです。

10円が重し代わりになります。

これは、覚えておいた方がいいですね。

こんなことは、管理人も知らなかったですね。

ズボンの折り目がきれいになるのは見た目が良くなりますよね。

また、裾上げする時にパンツの裾の前を1.5センチほど短くする”モーニングカット” にすれば、シルエットは美しく足も長く見えます。

スーツに前はシングルとダブルがありますが シングルのほうがオーソドックスですね。

ダブルは着て行くところが限られてしまいます。

まとめ

これらは、自分がスーツを着ているのにあまり良く考えていなかったことなのです。

でも、ある雑誌で読んでみて”なるほど”と思ったことを抜粋してものです。

特に、足元ラインと胸の第一ボタンは気を付けないと相手に対する印象が変わってきます。

以前は、スーツは紺色が多かったですが、 今は、黒が流行っていますね。

背の低い方には黒はあまりに合わないようですが これも、時代の流れです。

以前は、サラリーマンといえば紺色が多かったですが、 今は、黒が多いですし、さらにこの感じが普通になっています。

リクルートスーツといえば、紺色でしたね。

付け足してお伝えしますが、 お腹は出てこないように気をつけているほうがかっこいいですよね。

でも、スーツだけはなぜか太った人でも上手に着こなすことができるのです。

太った方は、ダブルのスーツでお腹の出っ張りを隠すことができます。

スポンサードリンク

 - おしゃれ