誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

お歳暮の時期にはおすそわけ村から評判の馬刺しはどうですか。?

      2021/07/01

スポンサードリンク

そろそろお歳暮の時期になります。

毎年、この時期になりますとお歳暮に何を贈るか悩みますよね。

無難なところでは、ハムが多いです。

なぜならば、時間をおいても痛むことはなく安心なことと 普通の肉は嫌う方が多いからですね。

でも、いつもいつもハムでは、それも定番になってしまい、飽きがきますよね。

そんな時、ちょっと経験のない商品を送って見たらどうでしょう。

それに、お刺身ですから、送られた方はすぐに食べるでしょう。

時間を置くことはできません。 その分、お相手の記憶に残ると思われます。

お歳暮贈る時期

お歳暮を贈る時期は、元々は12月13日から12月末日までになっていたそうです。

最近は、少し早まっているそうですがこれも地域性があるそうです。

お歳暮は水引きの上に「お歳暮」と書き、中央下に名前を書きます。

ところで、当たり前のようになっているお歳暮ですが、 その由来を知っている方は少ないのではないでしょうか。?

私は、知らなかったです。 マー一つのクリスマスのようなお祝い事と思っていました。

「お歳暮」とは年の暮れのことを言うそうです。

そして、お歳暮の発祥起源は、新年に先祖の霊を迎えるために必要なお供え物を、嫁いだり分家した人が本家や親元に持って行く行事だったそうです。

それが、年末にお世話になった人や親せきに贈る行事となったそうです。

木材業界では、番頭と丁稚の奉公をされた方は 年末は年始にはお世話になった方のところに挨拶に行くそうです。

いまでは在来工法も減り、昔のような大工さんは減りました。

どうしても会社が建築するのが多くなっています。

ですから、材木屋さんが多かったのです。

しかも、材木には目利きが必要になってきます。

そのためなんでしょうね。 仕事上のサポートはないそうですがやはり一人前にしてもらったお礼ということなのですね。

お歳暮にはこんな理由があったのですね。

ところで、贈る時期ですが、お世話になった方には早く送ってもいいことになりますね。

おすそわけ村評判

お歳暮を贈るには、おすそわけ村と言うものがあります。

ここの評判を拾ってみました。

すると総体的に評判はいいようです。

担当者が丁寧に応対してくれます。 配送も問題ありません。

購入者の口コミ!

1 無事商品が届きました。迅速・丁寧な対応で、信頼できるショップ様です。

また機会がありましたら、宜しくお願い致します。

馬刺が好きですが近くに食べれるところがなく思い切って買ってみました。

半解凍で五ミリ程の厚さに切り、ニンニク醤油で食べましたが、お店でたべるよりおいしかったです。

また、利用させていただきます。

2 安くて美味しくいただきました 時間が経つと 粗目がなくなります

馬刺し」

お歳暮も毎年同じものでは、面白くありません。
「馬刺し」はどうでしょうか。?
毎年贈るものはハムのような加工品です。
生肉は考えるところもありますが、 心配ならば、加熱すれば問題はありません。
ただし、産地直送ですから新鮮なことは事実です。
大型店舗ですとその店舗まで運ばれた時間が加わります。
産地直送ならばその時間はありませんから、新鮮になります。
今は、豚の刺身も牛肉もダメになりました。
馬は、最後の砦かもしれません。
それに「馬刺し」を販売しているお店は少ないですからね。
別名、桜肉とも言いますが確かに良い色をしています。
>>>>おすそわけ村の馬刺しはこちら!

まとめ

私が住んでいるところは大阪ですが 近くに、馬刺しの専門店があります。
熊本の馬刺しを食べてもらったら、 本当に喜んでもらえると思います。
ちょっと、馬を食べるというのは競馬が好きな方は抵抗があるかもしれませんが 確かに美味しいです。
馬は、やはり広いところでないと育てるのは無理かもしれませんね。
スポンサードリンク

 - 料理, 未分類