誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

危険に見えるドッグフードの評価と見分け方!

   

スポンサードリンク
ドックフード売り場に行きますと、一見似たように見えるドックフードの値段の差にびっくりすることありませんか。 こんなにたくさんあると、いったい何が違うのかと思うことありますよね。 これでは、ドッグフードに対する知識を付けなければなりません。 このドッグフードに対する知識を身につけなければどんな食べ物を食べているのか危険な状態になります。 人の食べ物が売っているスーパーマーケットに行っても、 多くの食べ物の値段が違います。 このわんちゃんのドッグフードも、いろいろな種類があります。 そこで、ドックフードは2つに分かれることをお伝えします。

ドッグフードの種類

普及品のレギュラーフードと 上級編のプレミアムドックフードに分かれます。 プレミアムドックフードとは、「AAFCO] Assosciation of Amerikan Feed Contorol Officials) 米国飼料検査協会より基準をクリアしたものを指すことが多いです。 しかし、厳密に定義されているわけではありません。 この点、ですでに注意点が出てきます。 AAFCOは「栄養基準の指針を提供する団体」で、 「認定」や「承認」といったペットフードの合否判定を行うことがありません。 ですから、「AAFCO合格」「AAFCO承認」といった表示がされている商品は不当表示となり信用できません。 考え方として、プレミアムドッグフードは、品質を重視してるタイプのドックフードと大雑把に分類していると思ったほうがいいと思われます。 少し前まで、国内の低価格ドックフードの成分は、 所詮家畜の餌という認識の上に、海外のドッグフードに比べ劣っていました。 ところが、ヨーロッパでは、古くから犬の品種改良が盛んになされ、栄養管理の研究もされていたのでしょう。 高価ながらも海外のドッグフードの品質は、輸入製品のほうが優れていました。 しかし、日本でも近年は少しよくなってきています。

見分け方

あまりに安いドックフードには必ずわけがあると考えるべきでしょう。 人の食べ物と同様に考えてみてください。 人の食べ物でも見えないところで差がありますように、ドックロードにも差があります。 ドッグフードメーカーは材料の原価を必ずなるべく抑えたいため、小麦粉、肉、とうもろこし、油脂などを安価に輸入して使用しています。 人用としては不適格なものを使用することが多く、中には相当に粗悪な原料を使う場合もあります。 例えば4Dミートという人用不可の最低ランクの肉や、屠殺場で廃棄されるはずの肉副産物 (肉、内臓、便が入ったままの腸など)が肉扱いとなります。 人がスーパーマーケットで見る肉とは雲泥の差があります。 この点をよく知っていることが大切になってくるのです。 このように、品質に問題があって本来は廃棄しなくてもいけないような原料も、 ブローカーによって安く買い取られた供給されたりします。 これらの原材料の安全性や信頼性は、プレミアムモードだからといって盲信できるものではありません。 しかし、ブランドイメージを背負って販売される高価な商品は、比較的、粗悪な原料を使っている可能性が低いのではないかと想像できます。 例えば、イギリスやオーストラリア、カナダで作られているドッグフードの中でも 有名なものは、会社を表記していますし、原料も表記しそれなりのものを使っています。 人の食品と違って、ドッグフードは法律の規制がゆるく、各種の添加物は事実上野放しになっています。 その点をよく注意しなければなりません。 これらをしていないと、怖い状況になります。

ペットフードの必須記載項目

1ドッグフードまたはキャットフードである旨 2ペットフードの目的 3内容量 4給与方式 5賞味期限または製造年月 6成分 7原材料 8原産国 9事業者または名称及び年月 以上はペットフード工業会からの抜粋です。

手作りドッグフード

余裕がある飼い主は自分で作るのも方法です。 それでは、100パーセント安全なお勧めドックフードがあるのかと言いますと、 そのようなドックフードがあるとは言えません。 1番良いのは、自分でドッグフードを作ってみることです。 ただし、犬と人は違いますため、犬にとってたべてはいけないものを 知っておくことは大切なことになります。 ネギなどは、人にとって良い食物ですが、わんちゃんにとっては危険な食べ物となります。

まとめ

例えば人の外食産業や加工食品でも、毒物混入や食中毒、表記偽造が横行しています。 ドッグフードにも、これらのことがないとは言えないのです。 むしろ、法律的には「物」とされるわんちゃんの食べものが粗雑であることがあっても おかしくありません。 したがって、ドックフードを購入するときには、製造元や販売元、原材料をよく調べてみることが必要となってきます。 また、ドッグフードの原材料は、多い順に表記されるようになっています。 市販のドッグフードの最初は穀物となっていませんか。? ちなみに、わんちゃんの歯には臼杵り歯はありません。
スポンサードリンク

 - ペットフード, 未分類