誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

汚れ落としのテクニックと洗剤と磨き・整理整頓!

   

スポンサードリンク
612SntTgSoL._SL1500_ 掃除をするには、テクニックが必要です。 テクニック掃除をすると、運が良くなるそうです。 そこで、汚れとりのテクニックをお伝えします。 力任せでは逆効果になります。

汚れを落とす

がんこな汚れを見ると掃除をする気力がうせるという人も多いでしょう。 しかし、汚れの落とし方をきちんと理解しさえすれば、驚くほど簡単に綺麗にできるようになるのです。 本当にこれは不思議です。 汚れは、力と時間と温度と洗剤の4つのエッセンスで落としていきます。 これは洗剤のクリーニング理論という考え方に基づいた方法ですが、 この4つの中でも最も小さくしたいのが力です。 多くの方は、洗剤をつけたらすぐに力任せにこすったりするので力が最も必要になります。 すると、掃除は疲れる作業になってしまうのです。 洗剤は性質上、40度前後のぬるま湯を使うことで洗浄力が2倍になります。 なぜならば、それは汚れの中に浸透しやすい温度だからなのです。 また、ぬるま湯を使って洗剤を汚れに付着させたら、しばらく時間を置きます。 こうすることで、汚れ落としの労力は今までの半分以下になります。 そして、汚れを気取るときは、少し力を入れて一気にやるのがベストです。 何度もこすっていますと、汚れの再付着が起きて、かえってきたなくなることがあります。 1中性洗剤ーキッチン用の洗剤。窓ガラスなどにもツカエル 2アルカリ洗剤ー主に油汚れに使う 3酸性洗剤ーートイレやカビなどに対して使う さらに、私が家庭でよく使っているのが重曹です。 例えば、体にも優しいので、家のあちこちに使用しています。 例えば、壁や窓ガラスの汚れが気になったら、雑巾を軽く湿らせて重曹を馴染ませます。 そして壁の上から下に向かって一気にふいていきますと、 汚れがスッキリ落ちます。 窓ガラスは仕上げに新聞紙で向くのもお勧めです。 カーペットに汚れが付いている場合は、その部分に直接重曹を降りかけて馴染ませてしばらく放置します。 最後は掃除機で吸い取ってください。 換気扇や便座など、ドライバー1本で分解できるものは、できるだけ外して洗うのもポイントです。

拭く

拭き掃除に必要な道具はぞうきん2枚です。 通常、1枚で行っている人が多いと思いますが、プロの基本は右手(利き手に濡れ雑巾左手に乾いた雑巾の二刀流です。) 濡れ雑巾でふきますと、あとが残りやすく、そこに汚れがくっつきます。 すると、光が当たったときに汚く見えてしまうので、濡れぞうきんの後にはすぐからぶきをするのがベストなのです。 この一手間だけで、いっそう美しい仕上がりになりますし、埃もつきにくくなります。 よく、ビルを掃除している方を見ますね。 外から、見ていると高い所で作業されているので大変強く感じます。 でも、彼らは一度でガラスを綺麗にしなければなりませんので、 から雑巾も持っていますね。 ちょっと、深く観察してみますとその点に気づきます。 また拭く順番も大切な要素です。 プロは基本的に左足からハジメテ時計回りに掃除をしてきます。 これははく場合も同様です。 1番大切なのは、規則正しく拭くというてんです。 掃除機の場合は最後の仕上げとして、周りを行う時にノズルを変えて小さなホリまで吸い取りましょう。 また掃除機をかける前は動かせる家具は移動させておきましょう。

磨く

もともと光を放つものは光らせておきましょう。 かがみ、ガラス、金属などが、磨いてこそ本来の輝きが戻るものです。 曇りを残しておいたら、うんきもよどんでしまいます。 汚れを落としたが、必ず乾拭きをしましょう。 新品のような輝きが戻ります。 化学ゾウキンがあれば、いつも鏡などの近くに常備しておき、汚れたら刺さった磨く癖をつけると良いでしょう。

整理整頓

汚れとりも終わった清潔な部屋には、本当に必要なものだけがのこりました。 さぁ、最後の仕上げは整理整頓です。 ものをあるべくところにあらしめるのが生徒の そして整頓とは、目的をスピーディーに達成させるために行うのです。 宅配便が届いたときに、印鑑を探すのに何分もかかった。これでは品物が届いた喜びよりも、 なんだか疲れが先に立ちますし、あちこち的にかき回すので余計に散らかります。 ものが乱雑に置かれていたり、整頓されていないと、何かを探すにつけて時間のロスにつながるのです。 もしそれが、一刻を争うべき夏の世界で起こった たら、だから、成功者はみんな整頓上手なのです。 一見たいしたことがないと思われる小さな時間のロスも、積み重なればとて妻笑無駄な時間になります。 ここで、整頓をするコツをお教えします。 目の前に行き場所不明のものがあったら、次のように問いかけてみてください。 「あなたはなぜここにいるのですか?」 「醤油さしだったら、私は醤油さしだから食卓にいたいです。 使われていないときはキッチンの棚の中にいたいです。」 「外ではだめですか。」 外だと油が飛んできて、頭がべたべたになるから嫌なんです。 だったら、やっぱりキッチンのための中がベストですね。 このようにモノにコーチングをする感覚で問いかけをしていきますと、それなら本来の置かれているべき場所がおのずと決まってきます。 また、引き出しなど、スペース全体を整頓するときは、何を収納する場所なのかをまず決めましょう。 薬箱には薬集める、ジュエリー箱には貴金属を集める。 こうして経験を積んでいくことで、だれでも整頓の技術は上がっていきます。

まとめ

掃除をしますと運気が戻ってくるといいます。 つまり運が向いてくるのですね。 しかも、おへやが綺麗になっていますので気持ちも軽やかになります。 表情も明るくなりますので、周りの人たちの見方も変わって来ます。 それが結果的に良い結果を産むのでしょう。 不思議なことなのですが、掃除をして周りを綺麗にしますと運が向いてきます。 また、整理整頓もできるようになり、不要なものは捨てるようになります  ここが大変なのです。 なかなかものを捨てることができない人は掃除もうまくできないのです 。 不思議なことにそうじが上手になりますと整理整頓も上手になります。
スポンサードリンク

 - 未分類