誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

薄毛の原因を知っておすすめとは、体温が関係なの?

   

スポンサードリンク
ダウンロード 薄毛は、人によっては30代を過ぎた頃から、始まる方がいます。 でも、 なぜ薄毛になるのかわからないですすんでいく方が多いと思います。 育毛剤をつけることもひとつの方法です。 しかし、その前に、今日つけておくべきことがあります。 薄毛になる大きな原因は、頭皮に血流が集まらないことなのですね。 血液の循環が良くないことは、髪の毛の栄養が行き渡らないことの原因となります。 であれば、髪の毛に栄養が行き渡らせることが大切となっていきます。 なぜならば、髪の毛は毛母細胞の中で酵素の触媒によってアミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。 この酵素の働きが弱いと中身の粗い髪の毛にしかならず、コシのあるしっかりした髪の毛に育ちません。 なんとその酵素の働きに影響を与えているのは体温なのです。 人の適正な体温は36分度5分から、37度であると言われていて、酵素が1番活性化する体温は38度から40度だと言われています。 風邪をひいた時や疲れがたまっているときには、人は自分の体温を上げて酵素の働きを活発にして早く直そうとしているのです。 ところで、あなたの平熱は何度ですか? 35度台ではないでしょうか。 いちど、起床後、昼食前、17時頃の3階で良いので体温を測ってください。 起床後は36度の前半くらいかもしれませんが、昼食前と17時頃は36度5分以上ないと酵素の働きがしていまひとつなので、髪の毛にも元気がなくカラダが疲れやすくなっているのかもしれません。 このようなことに、今まで気がついたことはありますか。 <<チャップアップはこちらです。>>

30度台の低体温はやばい

35度台のような 低体温だと、酵素の活性度が通常の50パーセントくらいに落ちている可能性が高いので、やわらかい弱々しい髪の毛しか作れなくなっているでしょう。 また、人の体はエネルギーの殆どを体温維持ために使うようになるので、生きていくのに必要のない髪の毛にまでエネルギーが回ってきません。 体温が低いと髪の毛を育てる力が低下し薄毛になりやすく、一度薄毛になりますと髪の毛を回復するのはとても難しいのです。

参考

ちなみに昭和32年当時の日本人の平均的な平熱は36.89度ぐらいだったらしいです。 昭和30年代はまだまだ日本は貧しい国でした。 便利な電化製もなく、移動手段としてはバイクが普及し始めたころで、主に自転車か徒歩が普通でした。 荷物を運ぶのはリヤカーでした。 そのため体を動かすのが当たり前でしたから、貧しくても体温が高くて酵素が活発に働き元気な人が多かったのです。 髪の毛の多い人が多かったといえます。 このような状況を知ってみますと、体温を上げることが大切になってきます。 通常、薄毛といいますと、頭皮ケアばかりに目が行きますが 実際は、このように体の熱が大切になってくるのですね。

運動運動

動かない歩かない習慣が問題 現代人は歩かなくなることが多くなりました。 今日あなたは、何分、何歩歩きましたか。? ウオーキングなんて言葉ができたのは最近ですよね。 体が温かくなるまで歩きましたでしょうか。 足を使ってちゃんとふくらはぎと太ももを使って歩きましたでしょうか。 一度、ご自身が今日何歩・何分歩いたのか、それとも冬の寒いときでも体が温まるくらいに歩いたのか、振り返ってみてください。

歩く重要性

ヒトは進化の過程で、二足歩行になることで両手を使えるようになり、 地上に立って歩くことで脳が発達してきました。 足は第二の心臓と言われるのは、ふくらはぎや大腿部の筋肉には、ポンプ作用があって重力に逆らって血を心臓に送り戻す役割があるからです。 だから、心臓よりも上にある頭に血をめぐらすには、歩くことが、歩くこと・体を動かすことが必要なのです。 ところが、現代社会はとても便利になって、ちょっと買い物に行くにも車を使うし、掃除は掃除機でできますし、洗濯は洗濯機がやってくれます。 歩かない、動かない生活は、地方都市にお住まいの人がいちばんひどいです。 家から車まで歩き、車で仕事場まで行き、車から歩いて仕事場に入り、 パソコンを使った事務処理をして同じように帰宅する.。 これでは、1日10分程度しか歩いていないことになります。 実際に、地方都市に住んでみるとわかります。 ほとんど、歩くことがなくなります。 むしろ、大都会にに住んでいる方がよく歩きますね。 また、自転車にも乗る機会が多くなります。 最近は、バイクに乗ってもバイクを止める場所に困ってしまうのです。 ところが、地方都市ではそれほど規制がきつくありませんのでバイクにも乗りますし 車にものる機会が多くなります。 今や、地方都市は駅前は衰退し郊外の大手量販店の方が 繁盛しています。 これは、世の中が車社会になっていることの証明にもなります。

まとめ

薄毛や、ハゲから自分を守るのは、このように体の内部を上手に使うことが 大切になってきます。 同じ、育毛材を使うにしても、効果ができるだけ出るような方法が効率的です。 それには、ただ、育毛剤を使うのではなく自然と薄がから解放される理油を知ることも大切になってきます。 まだまだ、大切なことはありますがこれらの点をよく理解してください。
スポンサードリンク

 - 育毛