誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

薄毛・ハゲの原因に頭皮の硬い・薄いは関係あるの?

      2018/03/07

スポンサードリンク
gf1420360314x 髪の毛の薄い人は頭皮が硬く薄いという 意見があります。 確かに、ハゲの方は頭の皮が固いような気がします。 でも、 そんな中で別の意見もあるのです。 それを、ご紹介します。

頭皮のマッサージ

頭皮の固い人が柔らかくするために、 無理やりマッサージして動かすと動くようにはなるでしょう。 でも、マッサージして動くのと弾力があるのとでは意味が全く違います。 それなのに、マッサージで無理やり動かすと、多分、毛細血管が切れてしまし、髪の毛が育たなくなってしまうのではないでしょうか。 ここなんですね。 いままで、こんにゃく頭にすればいいということでマッサージを やってきました。 でも、間違っていたのです。 マッサージはすべきですが、方法は考えなければならない。 ということなのでよね。

頭皮が固い柔らかいは素質

人には持って生まれた素質と言うものがあります。 皮脂分泌能力も同じですが、 頭皮の柔らかい硬いのも素質があります。 それらによって、髪の毛の育つ能力にも差がでるのです。 現代社会は、ストレスやお仕事の環境等々で頭皮が緊張していて、本来の頭皮がない人がとても多いです。 ストレスで頭皮が緊張するとは考えられませんが、これが事実なのです。 そのため血の巡りが悪くなって髪の毛の生育に影響が及んでいます。 本来の頭皮の状態に戻してあげるマッサージ法が必要なだけで、決して遠い弾力性があり柔らかくで髪の毛の多い人と同じ頭皮になるのではないのです。 こんなこと聞いたら、今まで、マッサージしてきた人はガッカリしますよね。 でも、それが事実なのです。 <<チャップアップはこちらです。>>

頭皮マッサージの目的

頭皮のマッサージは何のために行うのでしょうか。 この目的を間違えると毛の育たない頭皮になってしまいます。 ですから、この点をよく考えてみてください。 ①頭皮の緊張をほぐす。 ②血流を促す ③少しでも毛細血管が増える手伝いをする なのですね。 理論的に合ってると思いませんか。 マッサージは、お風呂あがり・起床後の1日2回行うと良いでしょう。 硬いときに無理に行うのではなく、緊張がほぐれやすい時に行うと無理がありません。 首や肩背中をほぐす。 頭皮が緊張して硬くなるのは、肩や首筋背中とが緊張しているからです。 頭皮だけほぐしても、肩や首筋・背中が緊張していますとすぐに手元に戻ってしまいます。・・ 方法 ①まず肩の筋肉は5本の指でつかむようにして左右に動かしながら前後に揺らします。 左肩は右手で右肩は左手で行います。 ②首筋の筋肉を上から下に揺らすようにしてほします。 右側は右手で左側は左手で。 ③頭蓋骨周辺のツボを気持ちの良いくらいの力で押してほぐします。 つぼといっても分かりづらいので、頭蓋骨の際の凹んでいる部分を指でしながら保護します。 1番気持ちよく感じるくぼみ(首筋の右側と左側)を1分ないし2分程度で良いので丹念に解してください。 中指でもいいですし親指でもいいです。 ④楽になったところで肩甲骨を使って大きく腕を前後に5回程度ずつゆっくりとまわします。 筋肉が連動してごくので肩と首がほぐれて楽になり、頭皮の緊張が緩みやすくなります。 ⑤最後に首筋に沿って手のひらで鎖骨までリンパを流します。 これで少しは肩首が楽になっていることでしょう。

頭皮のマッサージ

頭皮のマッサージを行いますが、必ずタオルを被って行ってください。 タオルをかぶり両手のひらで頭皮を掴み、前後左右円を描くように静かに動かします。 無理に動かしますと失敗するので、あくまで動くだけ動かします。 頭皮の緊張がほぐれるように2分か3分行えばいいでしょう。 生え際、頭のてっぺん、つむじ周辺、耳の上あたり、後頭部にかけて、順番に行うとよいでしょう。

サウナに入る

薄毛から逃れるためには、心・体・頭皮に余裕を持てるようになることです。 そのためにサウナに月に1回か2回程度入ることもいいことです  最近では、スポーツクラブにもお風呂があります。 この施設でゆっくりとくつろいでみてください。 ゆったりと、汗をかいてみてください。 この時には、頭に汗をかくことを心がけてみてください。 なぜならば、頭皮に汗をかくということは脂を外に出すことにつながります。 そして、お肌の活性化が始まりますよね。

まとめ

これらのことは、頭皮のマッサージというよりも どちらかと言いますと、生活習慣の訂正のように感じるかもしれません。 でも、髪の毛はなくても生命維持に問題はありません。 しかも、髪の毛は毛細血管に関係あるものです。 ですから、体の維持管理の中では最後の方に位置するものですね。 これらは、東洋医学の中の血余になるための処方箋です。 「心と体が基礎」と捉え、ウオーキング・入浴法・熟睡するためのヒント と食事を提案しています。 育毛・発毛のためには、「頭皮は土台」と捉え、洗髪法・マッサージ法・ をお伝えしています。 なんとなく、今までの育毛方法とは違うように感じているかたも おられると思いますが、じっくり考えてみれば納得いける考え方でしょう。 血流をよくし、毛細血管に血液が送り込まれ栄養分が隅々まで行き渡れれば 自然と髪の毛も生えてくると行くことになります。 例えば、一度、体温を測ってみてください。 子供の頃は、36度5分あった体温もなんと35度台になって入ることに脅かされます。 健康管理のためにも体温維持は欠かせません。 ちなみに、管理人はハゲ家系ですが 管理人は、剥げていません。 しかも、脂分がおおくて脂漏性湿疹になり、髪の毛も多く抜けました。 しかも、仕事はヘルメットをかぶる仕事でした。 でも、抜けなかったのですね。 その方法は、毎日頭皮を2回洗うということでした。 2回洗うということは、シャンプーで2回頭皮をすすぐということです。 自分なりに研究してみましょう。 また、別に指で頭皮をこすらなくても耳を動かすような感じで頭皮を動かせば これもマッサージになりますね。 また、帽子をかぶりますと蒸れてかゆくなります。 そのため、今はできるだけ帽子をかぶらないようにしています。 その方法が良いのかどうかわかりません。
スポンサードリンク

 - 未分類, 育毛