誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

増毛・薄毛の原因と問題点!

      2017/10/15

スポンサードリンク
images 育毛剤を使う前にやるべきことがある あなたは風邪をひいたときどうしますか? すぐに病院にいって注射をうってもらったり薬をもらったりするのでしょうか? 本当は前もってやったほうが体のためには良い養生法があるのはご存知ですか? 風邪を行くときは、体を冷やしたり疲れがたまってできたりして免疫力が低下している時ですから、体を温めてよく休んで免疫力をあげれば風邪は自然と治るのです。 そうすればだんだんとご自分の免疫力が高まってきます。 ゆっくり寝て思いっきり汗をかくだけでも治りが早まります。・ 薬が風邪を直すのではありません。 病院で注射を打ってもらい、薬をモラッテ飲んでも風邪は治ります。 これは見て薬が風邪をなおすと勘違いしている人もいます。 でも、 実は注射やクスリは風邪のウィルスの働きを弱めているだけで、その間にご自身の免疫の力で風邪を治しているのです。 だからお医者さんも「体を休めて 温めてゆっくり休んでください。」といいますよね。 そfれにせずに頼っていると、いつまでたってもご自身の免疫力が強くなりません。 体の免疫力が弱って風邪を行くのですから、 薬を飲む前にご自身の免疫力を強くしておくことが1番大事といえますね。

薄毛の原因と問題点

薄毛の改善も同じことが言えます。 薄毛の原因は何か? 問題となっていることは何なのか? 理解しておくことで対処法を立てることができます。 これらは特別なことではございません。 大切なのは毎日のヘアケアです。 重要なコトは、皮脂を取りすぎようなシャンプーで、皮脂を取りすぎるようなシャンプー法を採用していますと毛をなくす。 なぜならば、「皮脂が必要だから分泌・毛穴はつまらない」 ただし、週に2回程度なら皮脂を取るようなシャンプーをしても、皮脂は再度分泌されるので皮膚のバイアー機能 (体を守る役)はほぼ崩れません。

皮膚のバリヤー構造が崩れる

皮脂は自分の体を守るために必要な分泌物です。 生きていくために必要な皮脂を毎日きれいに取り去るのですから、毎日皮脂を分泌させないと体を守れなくなります。 これは毎日続けていますと皮脂線の活発になってしまい分泌量が自然に出てきて、知らぬ間に頭皮がべたつくようになっていきます。 皮脂は皮膚を保護する膜になっているので、皮脂膜を取り去るとシャンプーで直接角質層をこすることになります。 すると、こすられた角質層は海面活性作用で剥がれてしまい頭皮が荒れてしまいます。

皮膚常在菌のうち悪玉菌の繁殖が活発になる

毎日きれいに脂分を取り去ると皮膚を弱酸性に保てなくなるので常在菌のうち悪玉菌が繁殖しやすくなります。 皮脂の分泌が増えつようになると皮脂を餌とする皮膚常在菌のうち悪玉菌の繁殖が激しくなり、脂臭くなり悪玉菌の排泄物が臭うようになってくるのです。 脂分を取り去る洗浄成分であなた直後は、頭皮はきれいになって臭いも消えますが、 しばらくすると皮脂の分泌が増えるに従って匂いが戻ってきます。 洗えば毛穴が開いて角質や脂分が取れてきれいになりますが、 こんなことどう続けていますと最悪. 皮膚常在菌の悪玉菌の1種であるアラセチア真菌の影響で脂漏性湿疹や皮膚炎地雨皮膚疾患になってしまいます。 つまり、油をとる作用の強いシャンプーで毎日よく洗っていますと、 頭皮の皮膚常在菌のバランスが崩れる上に、 頭皮が痛み弱ってしまうのでご自身の力で血を巡らせなくなってしまうのです。 強く焼いたり弱ってしまっている皮膚は自分の治癒力で血液を巡らせなくなってしまうのです。

まとめ

上記の内容でかなりお判りいただけたと思うのですが、 風邪ぐすりで風邪が治らないのと同じように 育毛剤で毛がはえてくるのではなのです。 育毛剤は、発毛の手助けをしてくれると 考えるべきです。 そのためには、くどいですが 体の中に巡る血の動きを活発化させるしかないのです。
スポンサードリンク

 - 未分類, 育毛