誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

腰痛と腰痛すべり症とストレッチ

      2021/09/06

スポンサードリンク

yotu 腰痛は腰のあたりだけだと思っていましたが、 なんと、広い意味では脇腹の下までを言うそうです。

60歳を超えますと、 いろいろと悪いところが出てくるそうです。

その中で、1番多いのが膝の痛みです。

ところが、腰痛で苦しむこともあります。

腰痛の痛みは、痺れるような痛みが続くことと、 ズキツ とした痛みがくることです。 でも、立ち上がれる場合は問題はないです。

ところが、寝て起きようとしても起きることができない場合があります。

どちらかといいますと、朝起きるときに腰痛をもっていう方は 痛みがあり寝返りも打てなくなることが多いですね。

この場合は、どのようにすれば良いのか分からないこともあります。

背中が痛いということは、内臓疾患も疑うことにもなります。

しかし、男性の場合には、 職業によっては、重いカバンを持って歩くことになります。

それは長い間続けていますと、骨が変形してしまうのですね。

ナント、銀行員の方の中には背骨が曲がっている方すらもいるそうです。

かなり以前、そんなことを銀行員から聞いたことがあります。

そのうち、背中が痛くなることがあります。

それは、腰椎すべり症と言います。 俺の軟骨が、減ってしまうのです。

グルコサミンは摂取しますと良いとは言っていますが、 それも、どこまで信憑性があるのかは分かりません。

ただし、もし10経口から摂取しても最低2乃至3は体の中に 摂取できるとされています。

原因

腰痛の.原因としては、もうそれは、重いものを持つことです。

田舎の人の足が曲がっていることがありますね。 特に、日本人にはO脚の方が多いんです。

また、田舎にいきますと年配の女性は腰が曲がっていることがあります。

スポンサードリンク

面白い女性がいました。 「田舎にお嫁に行くのは嫌だった。』 「その理由は、おばあさんの腰が曲がっているから・・・・。」 との理由でした。

これも、重いものを持ったがために、足が曲がってしまうことがあるそうです。

実は、私もO脚です。

しかし、なぜこのようなことになったのか知りませんでした。

ところが、子供のころ、いつも背中におぶられていました。

そのために、足が曲がったという可能性があります。

また、重いものを持つことによって、軟骨が磨り減っていきます。

グルコサミンがいいと言いますが、その上手な摂取の方法が大切になります。

対策

腰痛対策といえば、何と言っても もう重い物を持たないことです。

重い物をもてば体に負担がきます。

そのために、体の基幹である骨がなくなってしまうのですね。

最近は、医療も発達していますから いろいろな医療機関を調べてみることです。

良い方策が見つかるかもしれません。

ストレッチ

もう腰痛といえば、ひどくなければ整形外科にいってもストレッチを推奨されます。

でも。ストレッチであまりよくなった経験はありませんね。

むしろ、腰をけん引した方が良くなりました。

まとめ

腰痛だけなら良いのですが、背中が痛いということは、起きることができなくなります。

さらに、仕事もできなくなります。

1番良いのは、そのような腰痛にならないよ気を付けておくべきなのですが、 残念ながら突然なるのですね。

腰痛に対する処方箋は、なんといっても、腰痛にならない生活をすることなのですが、なってしまったら、もう、後は、いかにつき合うかです。

経験では、どうも、筋肉強化しかないように思います。

スポンサードリンク

 - 健康, 未分類