誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

面白いドラマでは韓国ドラマですね、その中でも時代物です。

   

スポンサードリンク

面白いドラマを見てみたいですね。

日本のドラマも面白いです。

でも、時代物はパターンが決まっていて今一と思いませんか。

その点、少し変わった感じのドラマを見てみたいですよね。

そのような面白いドラマを探してみました。

面白いドラマ

日本はドラマではどちらかと言うとアニメが面白いです。

時代は、パターンが決まっていてサプライズに欠けます。

ドキドキハラハラがあまりないのです。

さらに、希望のあるドラマも少ないのです。

それでは、どのようなドラマが面白いでしょうか。

推理小説のようなドラマも面白いです。

どちらかといいますと、日本のドラマはこのような推理的なドラマが多いのです。

その点、日本のアニメは面白いです。

「オオカミ子供の雨と雪」なんかは、本当に面白いです 。

また、アメリカの西部劇も面白かったです。

ドラマでは、「ララミー牧場」も面白いです。

最近は、このような面白い西部劇もありません。

では、面白いドラマとはどんなものをいうのでしょうか。

ドキドキ・ハラハラや希望にあるドラマが面白いですね。

プロポーズ大作戦 野ブタをプロデュース メイちゃんの執事 天国に一番近い男 は、どうでしょうか

面白い韓国ドラマ

今では、韓国ドラマが面白いです。

おもしろい韓国ドラマは、

・風の国・善徳女王・風の絵師・イ・サン・ホジュン・風の絵師 ・太王四神記・ファンジニあたりが面白いです。

でも、実は、サンテレビで13時からの1時間ドラマが面白いです。

そのドラマを見ていますと自宅で見ることができます。

時間的にも節約できます。

収録をしていれば、ほかの時間にもいることができます。

チャングムの男性版みたいな感じになりますが、「ホ・ギュン 宮廷医官への道」面白いです。

チュモンを見終わるのでしたら、「風の国」はどうでしょうか? チャングムも面白かったです。

時代ものですから時代的な流れを考えながら読むのも面白いことです。

今の朝鮮半島が二つの国に分かれているのもなんとなくわかるような気もします。

面白い韓国ドラマ時代物

特に、新羅・百済・高句麗の時代が面白いのです。

ハングル文字ができた背景がわかります。

面白い映画があります。

いつも13:00になるとテレビを見ています。

韓国のドラマです。

日本のドラマよりも、面白いのです。

常に、ハラハラさせるのです。

ハラハラさせるところが、韓国映画の醍醐味と思われます。

これは韓国ドラマとなっていますので、 韓国で長く放送されていた内容なのでしょう。

それで、しているのはサンテレビなのです。

何故、サンテレビがしているのか。

不思議におもいました。

それは関西が中心のテレビなのです。

関西は在日が多いところです。

そのために見る人が多いのかもしれません。

オオサカのあるところに行きますと韓国語が 飛び交っています。

韓国からの旅行客かと 思いますと違います。

日本に住んでいる人々なのです。

日本に住んでいながら韓国語を話しているのです。

ある地域はそうなっています。

それに対して 日本の映画は、殺人事件が大きいのです。

西村京太郎サスペンスが多いのです。

確かに、ドラマとしては先を読みますから良いのかも しれませんが、もう飽きてしまいました。

いつも同じパターンなのです。

それに大して韓国ドラマは違います。

いつも、内容が違いますし本当に外国なのかと思うこともあります。

顔は同じです。

顔が同じですから、外国のような感じがしません。

しかし、文化が違うところはよくわかります。

一度だけ行ったことがあります。

言葉が違うだけでした。

ところが、韓国の人は、日本語を勉強しています。

日本語が通じることがあるのです。

これは、同じアジアに住んでいて不思議なことです。

これらは、日本から出て行けば分かることなのです。

日本にいるだけでは分からないことなのです。

こんなに近くて遠い国があったと再認識します。

あまり違わないから面白いのかもしれませんね。

まとめ

朝鮮半島の言葉は日本と同じです。

面白い映画があります。

いつも13:00になるとテレビを見ています。

韓国のドラマです。

日本のドラマよりも、面白いのです。

常に、ハラハラさせるのです。

ハラハラさせるところが、韓国映画の醍醐味と思われます。

これは韓国ドラマとなっていますので、 韓国で長く放送されていた内容なのでしょう。

それで、しているのはサンテレビなのです。

何故、サンテレビがしているのか。

不思議におもいました。

それは関西が中心のテレビなのです。

関西は在日が多いところです。

そのために見る人が多いのかもしれません。

オオサカのあるところに行きますと韓国語が 飛び交っています。

韓国からの旅行客かと 思いますと違います。

日本に住んでいる人々なのです。

日本に住んでいながら韓国語を話しているのです。

ある地域はそうなっています。

それに対して 日本の映画は、殺人事件が大きいのです。

西村京太郎サスペンスが多いのです。

確かに、ドラマトしては先を読みますから良いのかも しれませんが、もう飽きてしまいました。

いつも同じパターンなのです。

それに大して韓国ドラマは違います。

いつも、内容が違いますし本当に外国なのかと思うこともあります。

顔は同じです。 顔が同じですから、外国のような感じがしません。

しかし、文化が違うところはよくわかります。

一度だけ行ったことがあります。

言葉が違うだけでした。

ところが、韓国の人は、日本語を勉強しています。

日本語が通じることがあるのです。

これは、同じアジアに住んでいて不思議なことです。

これらは、日本から出て行けば分かることなのです。

日本にいるだけでは分からないことなのです。

みていても、ハラハラすることがありません。

事件解明と、涙ものなのです。

私には合いません。 言ってみれば、兄弟のようなものです。

だから面白いのですかね 。

はまっている人が多いです。

スポンサードリンク

 - 生活