誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

お中元の返事はメール、手紙、お礼も必要です。

   

スポンサードリンク

お中元をもらうことがあります。

でも、お中元を贈ることもあります。

でも、礼状は必要なのでしょうか。

そういえば、お礼状をもらったこともなければ 出したこともありません。

礼状を出す。

お中元をもらった場合は、お礼状を出すべきなのでしょうか。

時代が変わって、最近は電話でお礼を言う場合が多いです。

その方が簡単で良いような気持ちもします。

でも、お礼状の書きかたを習得しておく方が良いと思います。

お葉書で出せばそれでよいこともあります。

文面はこんな感じでしょうか。

? 拝啓 盛夏の候、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。

 平素は格別のご厚誼を賜り、深謝申し上げます。

 さて、このたびはご丁重なお中元の品をお贈りいただき、誠にありがとうございました。

 日ごろ私どもの方こそお世話になっておりますのに、過分なお心遣いをいただき、恐縮に存じ、厚くお礼申しあげます。

 これから暑さが本格化しますので、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。

 まずはとりあえず書中をもってお礼申しあげます。

敬具 

なかなか、自筆で書きますとたいへんですので、印刷を頼むこともあるでしょう。

そういえば、お中元は出したことはありますがもらったことはあまりありません。

お世話になったあの方にお出しするものなのですがお世話した方は 当たり前と思っていたのでしょうか。?

口頭でお礼を言うこともあります。

中には、お盆のようなときにめがけてお礼を言うこともあります。

特に、田舎に行きますと、都会の方にとって野菜は本当にありがたいものです。

お返しに、その土地の特産物をお返しすることもあります。 また、白菜や大根をもらうこともあります。

それがお中元のお返しなのです。

お返しはしなければならないのか。

必ずしもお返しをしなければならないことはないのです。

お返しをするしないは、その付き合いの程度によると思われます。

ただ、お中元をしておくと印象が良くなることがあります。

人間関係が良くなることがあります。

そのためにお中元はするものと思います。

ただ、お礼がないからと思わないで、 相手からお中元をもらったときはたとえ電話でも良いですから お礼を言っておく方が良いと思います。

まとめ

なんといっても、お中元の制度は日ごろお世話になっている方に気持ちを お返しする意味で本当に良い制度と思われます。

一番良い方法は、簡単にはがきでお礼の気持ちを送ることです。

さらにおかえしは、その後に考えればよいことなのです。

スポンサードリンク

 - 生活