誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

格安スマホのスペック!シニア向け、おすすめは。?

   

スポンサードリンク

中高齢者にとってスマホは手になじめないものなのです。

でも、スマホは便利さから見ますとやはり使いたいのが実態です。

何故、なじめないものかと申しますと字が小さいのです。

機能もたくさんついていますので使う前にしり込みをする可能性が高いのです。

格安スマホスペック

実際に、スマホを使える中高齢者は60パーセントぐらいであると思われます。

特に、 iphoneは字が小さく、とても中高齢者では読めません。

アンドロイド端末を使うが画面が大きく、読みやすいます。

それでも、画面を読めない人はもう多いです 字が小さい場合には文字サイズを変更しましょう。

そのためには設定画面のディスプレイや画面などという項目を選択しましょう。

次に、フォントサイズという項目で文字のサイズを変更します。

本当のサイズを最大にすればかなり大きな文字サイズになります。

でもここで問題が起きるのです。 文字サイズが大きいと設定画面の項目名などが 表示しきれなくなってしまうのです。

もう一つの方法は、「ブラウザ」や「Chrome」などでは、アプリのメニューから設定画面に進み、「ユーザー補助」で文字サイズの変更が可能になります。

文字化けしたりすることもありますので、その点は注意をして サイズ変更をしてください。

スペックはかなり良いので使い慣れたら使いたくなります。

シニア向け

実際に、スマホを扱わないでガラケーで十分と言っている人も多いいのです。

でも、その言葉の後ろには、字が見えないということを使い方に自信がない ということがあるのです。

そこで、シニア向けのスマホも発売されています。

例えば、 ソフトバンクモバイルが発売したシニア向けスマートフォン「シンプルスマホ2」。ディスプレーを大きくし、LINEをプリインストールするなどの改良を加えている このスマートフォンでは使いやすさをアプローチしています。 簡単に使えるごとに中心を置いているのです。

スポンサードリンク

NTTドコモが「らくらくスマートフォン」を開発しました。 それでも、シニア層にはスマートフォンはあまり浸透していません。

いまシニア層にとって魅力のあるのは格安品なのです。 今度、ガラホーという機種ができるかもしれません。

いま検討されていま。 中高齢者のために検討されています。

格安スマホおすすめ

シニア層がスマートフォンを使用しないのに、最も大きな理由として、 使える自信がないのです。

でも、使ってみれば簡単です。

それに、たくさん機能が付いていても使う機能は決まっています。

例えば、MAPが付いています。

どこかへ行こうと思えば、その場所まで案内をしてくれます。

天気予報も知ることができます。

携帯電話では天気予報ぐらいはわかりますが、道案内はしてくれません。

その点、旅行をするときは自分は使えなくても役に立つことが多いのです。

だってホテルの位置もスマホならわかります。

まとめ

今、携帯電話利用者にとってターゲットとなっているのは多くの人口があるシニア層なのです。

そのために、使いやすさをうたっています。

しかし、キャリア組ですので、通信料金が高くつきます。 そのために、シニア層は格安スマホを狙っています。

ところが、そこで障害となっているのが字が小さく、読めないことなのです。

老眼鏡で読めるぐらいであれば格安スマホも使えます。

それで無理であれば Tabletや小さなパソコンがシニア層にとって目を向けるところになります。

結果的に、アナログで生きてきたシニア層にとって Digital的なLINEやスカイプは 不必要であり、格安スマホに興味がありながら、通話料金がかかる格安スマホは購入しないのです。

ドコモのカケホーダイのようなプランを選んでしまうのです。

ですから、通話をよくされるのならばキャリア組のかけ放題プラン が最適です。

でも維持費が高いので格安スマホを横目で見ながらガラケーを使っています。

では、格安スマホで通話料金をおわえる方方法はあるにでしょうか。?

使い方を考えなければなりませんがあります 。

スポンサードリンク

 - 生活