誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

【悲報】頼みます。怖いです。ワクチン2回目接種後の死亡77事例の服用薬 !私は飲みません。何の薬か医師が解説する

   

スポンサードリンク

 

 

 

NO.9706075 2021/07/30 17:15
ワクチン2回目接種後の死亡77事例の服用薬 何の薬か医師が解説する
ワクチン2回目接種後の死亡77事例の服用薬 何の薬か医師が解説する
新型コロナワクチンの2回目接種まで終えた人は約2900万人(7月20日時点)を数えるが、それとともに「打った後」のデータも積み上げられている。厚労省の最新の公表資料には接種後に命を落とした人が生前、どんな基礎疾患を抱え、どんな薬を服用していたかが記されている。

7月21日に厚労省が公表した資料「新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要」によれば、2回目の接種後の死亡例は214件。この資料では、因果関係の評価が出ていないケースも含め、死因のほか、基礎疾患の有無や詳細、服用薬などが記載されている。

これらは、ワクチン接種時の「予診票」に記されていた内容だという。基礎疾患や服用薬について事前に確認し、かつ、死亡後に情報を公表しているのはなぜか。厚労省健康局健康課予防接種室の担当者が言う。

「基礎疾患がある方で病状が重い場合は『接種要注意者』として医師に相談してもらうためです。(死亡事例に基礎疾患や服用薬を入れているのは)安全性に関する情報周知のためで、接種を受ける人には参考にしていただきたいと思います」

本誌・週刊ポストは適切な判断のための材料として、2回目接種後に死亡した214人のうち、予診票に服用薬について書き残した77人の記載内容を一覧表に整理した。

まず、死亡した人が服用していた薬を、記載が多かった上位10種(同じ有効成分の薬は同一のものとして集計)まで列挙する。

●アムロジピン、ノルバスクほか…12人
●バイアスピリン、アスピリン腸溶錠ほか…11人
●マグミット、酸化マグネシウムほか…10人
●クロピドグレル、プラビックスほか…..
【日時】2021年07月30日 07:05
【ソース】NEWSポストセブン

元記事を読む 

スポンサードリンク
ワクチン接種が始まっている。各国のワクチン接種状況を概観すると、早期にワクチン調達契約を結ぶことに成功し既に大規模に接種が行われた国と、ワクチン調達で遅れをとってしまい未だにほとんど接種が進んでいない国がある。「ワクチンの確保・接種状況」参照。 既に複数の製薬企業によってワクチン
293キロバイト (34,601 語) - 2021年7月29日 (木) 10:14


 

 

 

#2 [匿名さん] :2021/07/30 17:20

屁、出してもええんやで

#4 [匿名さん] :2021/07/30 17:22
  • #22021/07/30 17:20
    屁、出してもええんやで
    [匿名さん]
" class="resOverlay">>>2
ブゥ~スゥ~ブリリッ💩❗
あっ❗
 
#3 [匿名さん] :2021/07/30 17:21

結局何らかの疾患持ちだった

#6 [匿名さん] :2021/07/30 17:27

ワクチンと死亡の因果関係なんて国が認めるわけねえわw
金払ったら、認められなかった遺族が訴訟起こすだろ。
国は逃げるよ

 

 

スポンサードリンク

 - 生活