誰も気づかない見落とし特集

気づきにくい情報を集めています。

*

ドッグフード調査隊~老犬の食事のポイント!

      2017/01/08

スポンサードリンク
22 老犬の場合、表面的には、成犬と同じように 元気であっても細胞レベルでは、老化が 7歳から8歳ごろから進んでいるので 食事も注意が必要です。 老犬になりますと、運動量が減り  栄養の必要量も減ってきますから 成犬と同じように与えていますと 肥満になってしまいます。 また腸内活動も低下してきますから 食事の量が多いと腸内発酵が起きやすくなります、 その悪いガスを吸収してリュウマチなどに なりやすくなります。 また、歯も悪くなってきますと 消化時ずらくなりますので 老犬期は、食事の量を減らし、なるベく消化しやすいもの を 与えることがポイントとなります。  カナガンドッグフード2
スポンサードリンク

 - ペットフード